パーマとデジタルパーマの違いは?仕上がりやどっちにすればいいか紹介

スポンサード リンク




お洒落な髪型にするために、パーマをかける方もいらっしゃるでしょう。
巻くパーマもストレートパーマも、自分の髪質を変化できるので欠かせないと思います。

ところで最近はデジタルパーマなるものも登場してきています。
お洒落な雑誌やサロンにいくとデジタルパーマに対応しているお店と出会うでしょう。
デジタルパーマの人気は上昇していますので、人生初のパーマとしてデジタルパーマに挑戦してみるといいですよ。

今回はパーマとデジタルパーマの違い、どっちがいいのか、仕上がりについて紹介します。

スポンサード リンク




パーマとデジタルパーマの違いって?

そもそもパーマとデジタルパーマの違いとは何なのでしょうか。
細かい違いはいろいろあるのですが、一番の違いは熱処理の違いです。

通常のパーマといっても沢山種類がありますが、髪をカールでまいてパーマ液をつけて放置して乾かして、髪を変化させるのがパーマです。

一方デジタルパーマは、カールに電流を加えて熱を加え乾かすパーマです。
デジタルパーマ専用の機器をつかう、デジタルな感じなのでデジタルパーマですね。

デジタルパーマの方がよりしっかりパーマがかかると言われています。
そのため直毛、くせ毛、剛毛の方や通常のパーマだとうまくいかない方から人気のパーマ方法です。

パーマとデジタルパーマとどっちか迷ったら、自分の髪質で判断しましょう。
くせ毛だったり剛毛のかたは通常のパーマがかかりにくいはずです。
なのでデジタルパーマを選ぶのが普通です。

一方、そうでないなら通常のパーマで十分です。
髪へのダメージも大きくなく、料金もお手軽なコールドパーマですね。

また、デジタルパーマのほうが長期に渡ってパーマを維持します。
形状記憶パーマと呼ばれるだけあり、掛け直しがいらないくらいずーっとパーマがかかります。パーマを取るのが大変なくらいです。なので長期に渡ってパーマを楽しみたいならデジタルパーマがいいでしょう。

とはいえ、最終的には美容師さんのアドバイスをもらって決めたほうが良いでしょう。
なのでやりたい髪型の見本を持っていき、髪質を判断してもらって、パーマかデジタルパーマかを相談して決めると良いでしょう。

ちなみにパーマもデジタルパーマも時間がかかるので、早めの時間に予約しましょう。
夕方以降だとパーマの受付時間が終了していることもありますからね。

パーマとデジタルパーマの違いは?

パーマとデジタルパーマの仕上がりですが、デジタルパーマのほうがパーマがしっかりとした仕上がりになります。
アイロンでしっかり巻いた感じのパーマならデジタルパーマでしょう。
とくに髪の根元からしっかりパーマをかけてボリュームをだしたい場合はデジタルパーマの方がいいでしょう。

逆にゆるふわといった、ふんわりした細かいウェーブのような仕上がりパーマなら通常パーマの方がいいです。

しかしこれも美容師さんの腕次第というのが大きいです。

デジタルパーマのほうがしっかりとしたパーマがかかりますが、パーマ液や温度設定でふんわりとしたパーマも可能ですしね。また通常のパーマにもかかわらず、デジタルパーマと見違えるようなしっかりとしたパーマも通常パーマでできます。

こればかりはお店の評判を調べたり、実際にお店の中をさぐってどんな感じか見るのがいいでしょう。

まとめ

はい、ということでまとめると

  • パーマとデジタルパーマの違いは熱処理をするかどうか。
  • デジタルパーマのほうが長期にわたってしっかりパーマがかかる反面、ダメージが大きく料金も高め。
  • 自分の髪質でパーマかデジタルパーマかどっちかを選ぶ。最終的には見本を持っていって相談すると◎。
  • 仕上がりはパーマのほうがゆるく、デジタルパーマのほうがしっかり。ただしお店による。

こんな感じですね。パーマを楽しんでみてください。