ロジクールのウェブカメラ、C920nのレビュー、画素数なども合わせて紹介

ロジクールから発売されたウェブカメラC920n

小型にも関わらず、大変なめらかなフルHD(1080p/30fps)に対応しており、スカイプを始めとした用途に適しています。
自宅で仕事をする機会が増えてきており、C920nの導入を検討している方もいらっしゃるでしょう。

今回はロジクールのウェブカメラ、C920nのレビュー、口コミなどについてご紹介します。

スポンサード リンク

ロジクールのウェブカメラC920nのレビュー

それではレビューを紹介します。まずは評価の良くない、悪いレビューから

【悪い】C920nのレビュー

首を振れたならば

設定は簡単でした。
EdgeからのWeb会議で使用しています。
窓が後ろにあるのでデフォルト設定では逆行で顔が真っ黒でしたが、logicoolのサイトからソフトをダウンロードして設定して普通に映るようになりました。
ケーブルの長さの関係からデスクトップPCの23インチディスプレィの右端に付けましたが、顔が正面を向いていると画像ではどうしても斜め方向に移ってしまいます。
カメラの首が触れる構造になっているともっと良いと思いました。
Amazonより引用

WEB会議用として購入したようですね。

ケーブルの長さが満足ではなく、設置位置に苦労したようです。いざ使用してみたところ、顔が斜めに映ってしまったようです。

これは設置位置をあらかじめ考えておくのがいいでしょう。首をふることはできない以上、どこから撮影すべきかを考え、場合によっては、PCの配置を変える必要もあるかもしれません。

接触不良?

購入してから三か月程度使ってからのレビューです。
とつぜん、動画撮影中に接続が切れるようになり、何度撮影しても三分ちょっとで録画が止まるようになりました。他のPCにおいても同じ現象がおきるので、こちらのデバイス側の不具合のようです。

返品可能期間も過ぎてしまったので悔しい思いですが、画質や使い勝手はよかったので大変残念です。
Amazonより引用

ロジクールの製品レビューにありがちですが、商品の不具合が出たようです。

ただ、私もロジクールの製品を持っていますが、非常に堅牢であり、不具合など一回もありません。こればかりは運といえるでしょう。

【良い】C920nのレビュー

最初から良いものを買えばよかった

安い中華製品の中に、奇跡的に高機能の商品があるのではないか
と物色中なら、そんなものはまずほぼないので、最初からこちら
を買った方が経済的には被害が少なくて済みます。

一眼レフやビデオカメラで使用に足る中華製品がないのと同じように、
このへんのWEBカメラも、老舗と比べたらやっぱり勝てないですよ。
餅は餅屋じゃないけれど、下手に予算をセーブして買い替えを繰り返す
なら、というかコストの中でできるだけいいものをって探し方してる人は
確実に失敗するから、最初からこっちを買っておこう。

自分は妥協WEBカメラを2台ドブに捨ててこれにたどり着きました。
Amazonより引用

スポンサード リンク

c920nの画素数は?スペックとともに紹介

c920nの画素数、およびスペックは次のようになっています。

カメラ有効画素数:1,500万画素

c920nとc922nの違い

c920nの上位版とも言えるc922n。
両者の違いはどのようなものでしょうか。

c920nにはなく、c922nにある機能を紹介します。

c922nには720P/60fpsがある

c920nの場合、720p/30fpsまでとなっています。
一方でc922nには720P/60fpsまで設定できます。

一般的なWEB会議であれば、720p/30fpsで十分でしょう。
より高フレームを求めるのであれば、c922nを購入候補に入れてみましょう。

XSplitプレミアムが3ヶ月無料で使えるライセンス付き

c922nにはXSplitのライセンスが付属しています。
3ヶ月分ではありますが、お試しで使うには十分でしょう。

XSplitは動画のライブ配信ソフトとして定評があります。

三脚付き

c922nを購入すると、三脚もついてきます。

c920nにはついていませんので必要であれば、別途購入する必要があります。

ロジクール ウェブカメラ C920n ブラック フルHD 1080P ウェブカム ストリーミング 自動フォーカス ステレオマイク 国内正規品 2年間メーカー保証 ブラック

新品価格
¥6,900から
(2021/2/13 14:01時点)