「ホントにコーヒー!?」ドクターコーヒーの成分表を紹介

ドクターコーヒーを購入する際に気になることは沢山あるでしょう。
中でも、成分はチェックしておきたいものです。
コーヒーという飲み物は成分をほとんど含みませんからね。

普通のコーヒーと比べて、ドクターコーヒーはどのような違いがあるのでしょうか。
今回はドクターコーヒーの成分表を紹介します。

スポンサード リンク

「ホントにコーヒー!?」ドクターコーヒーの成分表を紹介

ドクターコーヒーの成分は次のとおりです。
写真でご覧ください。

ドクターコーヒーの成分表(画像)

ドクターコーヒーの成分表(文字)

写真だと分かりづらいと思い、文章にしてまとめました。

【原材料】 ▼カフェラテ味 乳等を主要原料とする食品(国内製造)

  • コーヒーパウダー
  • 還元麦芽糖
  • ポリデキストロース(水溶性食物繊維)
  • 油脂調整粉末(植物油脂・乳糖・デキストリン・乳たんぱく)
  • 有胞子乳酸菌末
  • ケラチン加水分解物
  • 酵母
  • 穀物発酵抽出物(小麦を含む)
  • 食塩
  • 食物発酵抽出物(大豆・ごま・オレンジ・りんご・バナナ・キウイフルーツ・カシューナッツ・アーモンド・やまいもを含む)
  • L-カルニチン酒酸塩
  • 乳酸菌生産物質末
  • 粉末油脂(中鎖脂肪酸油)
  • 乳化剤
  • 甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物・スクラロース)
  • ビタミンB6
  • ビタミンB2
  • ビタミンB1コハク酸
  • シクロデキストリン
  • リンゴ酸
  • 香料
  • 香辛料抽出物
  • トレハロース
  • 穀物発酵抽出物(小麦を含む)

【保存方法/注意事項】高温多湿・直射日光を避けて、常温で保存してください。
【メーカー或いは販売者】Rise and shine 【区分】食品

ドクターコーヒーの成分表はこのようになっています。
一般的なコーヒーと比べてずいぶん違うことがわかりました。

スポンサード リンク

ドクターコーヒーは他の商品とどう違う?世界のバリスタの成分を紹介

参考までに、缶コーヒーの成分も掲載してみます。

ダイドー、世界のバリスタ

  • 原材料:
  • 牛乳
  • コーヒー
  • 砂糖
  • 脱脂粉乳
  • クリーム
  • 濃縮乳
  • 全粉乳
  • 乳化剤
  • カゼインNa
  • 甘味料(アセスルファムK)

ドクターコーヒーと比べると、かなり異なることがわかります。

ドクターコーヒーにはビタミン・食物繊維・リンゴ酸などが含まれています。
これらは、普通のコーヒーにない成分ですね。「医者の考えた健康味噌汁」という本もありますが、その中にもリンゴ酸が登場しました。

ドクターコーヒーは様々な成分を含み、ダイエットをお考えの方におすすめできる商品となっているのですね。

ドクターコーヒーを飲める方は幸せな毎日でしょうね~😊いいなー。

ドクターコーヒーの成分コラム

ドクターコーヒーに出会い、運命的なものを感じる方もいらっしゃるでしょう。トクホのコーヒーはありますよね。そういった系統の商品で、ドクターコーヒーが登場した印象を受けると思います。「このドクターコーヒーを飲んで健康になりたい」と思う方も多くいらっしゃいますものね。私事になりますが、私もコーヒーを良く飲みます。
缶コーヒーなのですけどね。体に良くないとわかっているのですが、ついつい飲んでしまうのです。ダイドーの微糖が好きです。バリスタ監修のコーヒーです。ご存知でしょうか。控えめな甘さが癖になり、毎日飲んでしまいます。しかし、今後はドクターコーヒーのような商品に切り替えるかもしれません。成分を見ると、他のコーヒーと比べて圧倒的に違いがありますからね。「ドクター」という冠言葉がついているくらいですから、できることなら毎日飲みたいものです。健康第一ですからね。しっかりと成分を確認して飲みましょう。