暗い性格を直す!人見知りに有効な気分を明るくするための行動4選

コミュニケーションが苦手で人と話す機会が少ない人は、普段から暗い雰囲気が感じられるものです。また、自分では普通にしているつもりなのに、他人から「怖い」「不機嫌なのではないか」などと思われてしまい、敬遠されがちな印象を与えてしまいます。

決して人が嫌いなわけではないし、できることなら気軽に会話もしたい、そのように思っている人見知りの人は少なくないはずです。

自分から話しかけることは苦手でも、話しかけられやすい雰囲気を作っておけば自然と他人から声を掛けられる確率も上がってきます。そのためには、まず普段の暗い性格を改善することから始めてみることがおすすめです。

今回は、人見知りの人におすすめな気分を明るくする行動をいくつかご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサード リンク

アップテンポな音楽を聴いてみる

暗い性格を直す!人見知りに有効な気分を明るくするための行動4選

人間の感情は音楽などの感性を刺激するものによって大きく変わってきます。

例えばドラマや映画の中にはシリアスな場面、感動する場面、コメディチックな場面など、さまざまなシーンがあります。それぞれのシーンによってBGMが果たす役割は大きく、観る人の感情を揺さぶるほどの大きな影響力を持っています。

これは私たちの日常生活でも同じで、晴れた日にはアップテンポでテンションの上がる曲が聴きたくなるもの。これと同様に、普段から自分の性格を明るくしたいと考えるのであれば、意識的にアップテンポな音楽を聴いてみるのがおすすめです。

ロックやポップス、ダンスミュージックなど、自然と体が動いてくるような音楽はそれだけポジティブな感情を呼び起こす起爆剤にもなります。

最近では「Apple Music」や「Amazon Music」などの音楽ストリーミングサービスが充実しており、気分に合わせたプレイリストを自動で選曲し配信するサービスもあります。「そんなに音楽に詳しくないし」という人であっても、自動的におすすめの音楽をチョイスしてくれて、定期的にプレイリストも更新されるため飽きることもないはずです。

スポンサード リンク

とにかく体を動かす

暗い印象のある人はどこかインドアな趣味を持っているとイメージする人も多いはず。1日じゅう部屋に引きこもってゲームやテレビなどをして過ごしていると、人と話す機会も少ないため内気で暗い性格になりがちです。

また、体を動かさないでいるとホルモンバランスが崩れ、体の調子も悪くなりやすいもの。適度なスポーツやトレーニングをして体を動かすことは体調を整えるという意味でも重要なのです。

スポーツ選手のような激しい運動をする必要はないですが、120分~30分程度は外に出て散歩をしたり、軽いストレッチなどをすることで気分も上向きになるはずです。

室内での運動であれば、スクワットや筋力トレーニングもおすすめ。スペースが狭くても効率的に鍛えることもできるため、毎日の習慣として定着させてしまえばダイエットにも効果が見込めます。

体を動かし、鍛えることによって痩せたり筋力が付いてくると、自分に対して自信を持ち、メンタル面でも強くなることができるのです。やがてそれはあなたの顔つきや態度にも現れるようになり、周囲からは「雰囲気が変わった」と一目置かれる存在になるかもしれません。

スポンサード リンク

意識的に外に出て太陽の光を浴びる

内気で真面目な性格の人に多い「うつ病」。自己嫌悪に陥ったり、自分に対して自信がないことによってさらに拍車がかかり、重症化する人も少なくありません。

実際にうつ病とまではいかなくても、普段から性格が暗い人はあまり外に出たがらず、何に対してもやる気が起きないということも多いのではないでしょうか。しかし、そんな時こそ少しでも良いので外に出て新鮮な空気を吸い、太陽の光を浴びてみることが大切です。

実は太陽の光を浴びることによって、人間の体内では「セロトニン」というホルモン物質が分泌されることが分かっています。セロトニンには気分の高揚、食欲の増進、体の調子を整える働きがあり、特にメンタル面での安定には非常に重要な役割を果たします。

人見知りの人の多くは外に出たがらない傾向が強いですが、普段から意識的に外に出てみることで自然と暗い性格も改善されてくるかもしれません。

自分から人を誘ってみる

自分に自信がつき、気分も明るくなってきたら自分から人を誘ってみましょう。

「断られたらどうしよう」といった不安はまだあるかもしれませんが、自分に自信が付いて明るくなったあなたであれば不安に感じることはありません。

今までと明らかに雰囲気が変わったことによって、もしかすると周囲の人間から自然と誘いがかかるかもしれません。まだまだコミュニケーションは苦手でも、徐々に人と接することによって自然と人見知りが克服されてくるはずです。

しかし一方で、いざ自分から声を掛けようとしても躊躇してしまい、結局人を誘うことができなかったという人もいるかもしれません。もしそのような結果になったとしても、焦らずにゆっくりと自分のペースを維持しましょう。

失敗した時のイメージはすぐに忘れて、自分の気持ちが安定してきたら改めて声を掛けてみましょう。

今回は暗い性格を改善し、明るい性格になるための具体的な行動をご紹介してきました。人間の性格やメンタル的な問題は、怪我や病気の治療のように簡単に解決できるものではありません。頭では「こうありたい」と考えていても、実際に負のイメージが支配している状態ではなかなか解決策が見つからないものです。

今回ご紹介してきた内容は、外部からの刺激によって改善が見込めるものばかりです。強い意思によって自分自身で解決できる問題ではないからこそ、このような具体的な解決策は大いに参考になるはずです。

また、いずれの方法にも共通しているのが「自分に自信を持つ」ということです。表現を変えれば、自分に自信さえ持てれば明るい性格になることができるということです。何か一つでも良いので自分の長所を活かし、他人には絶対に負けないことを見つけてみるのも良い方法かもしれません。

おわりに

今回ご紹介した内容によって、あなたが現在抱える悩みから解放され、少しでもポジティブな生き方になるための一助となれば幸いです。

スポンサード リンク