物忘れ対策や勉強力UPの前に。脳が冴える15の習慣

物忘れ対策や勉強力UPを考える方に聞いて欲しい。

先日、『脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める』という本を読んだ。


最近どうも頭が良く回っていないぞ」、というような感じがしている人は、脳トレや指回し体操なんかもいいけど、日々の生活の中に脳を活性化する方法を取り入れて習慣化すると良いようだ。

勉強においても、仕事においても、向上心の高い人にとって「脳がちゃんと回ってる状態を保つ」というのはとても大切なことだと思う。だからこれは生活習慣を見直してでも取り組むべき課題だと思う。

内容を簡単に書き出すと、次のような感じだ。これだけでも、かなりのヒントを得られると思う。

脳が冴える15の習慣

  1. 生活の原点をつくる―脳を活性化させる朝の過ごし方。足・手・口をよく動かそう。散歩など軽い運動/部屋の片付け/料理/ガーデニング/挨拶+一言/音読10分程度。
  2. 集中力を高める―生活のどこかに「試験を受けている状態」を持とう。:仕事の区切り毎に時間制限を設ける。
  3. 睡眠の意義―夜は情報を蓄える時間。睡眠中の「整理力」を利用しよう。:夜の勉強は中途半端で止め、起きてから整理すると効果的。
  4. 脳の持続力を高める―家事こそ「脳トレ」。雑用を積極的にこなそう。:雑用は前頭葉の持久力を高めてくれる。
  5. 問題解決能力を高める―自分を動かす「ルール」と「行動予定表」をつくろう。書類整理のルール、予定表などで脳が一度に扱う量を整理する。
  6. 思考の整理―忙しいときほど「机の片付け」を優先させよう。:物の整理は思考の整理に通じている。
  7. 注意力を高める―意識して目をよく動かそう。耳から情報を取ろう。:目で立体的な情報を捉えたり、耳だけで情報を吸収すると脳が活性化される。
  8. 記憶力を高める―「報告書」「まとめ」「ブログ」を積極的に書こう。:入力→情報処理→出力。
  9. 話す力を高める―メモや写真などを手がかりにして、長い話を組み立てよう。:質問によって話しは長くさせることが出来る。
  10. 表現を豊かにする―「たとえ話」を混ぜながら、相手の身になって話そう。:ありそうな質問を考えれば、話しを膨らませることが出来る。
  11. 脳を健康に保つ食事―脳のためにも、適度な運動と「腹八分目」を心がけよう。:食事制限以前にまずは動くこと。そして消費する以上に摂取しないこと。
  12. 脳の健康診断―定期的に画像検査を受け、脳の状態をチェックしよう。:MRやPET検査を受ける。
  13. 脳の自己管理―「失敗ノート」を書こう。自分の批判者を大切にしよう。:小さな失敗、人から受けた注意を書き留める。
  14. 創造力を高める―ひらめきは「余計なこと」の中にある。活動をマルチにしよう。:アイディアを生み出すポイントは、誰のためになるのかを考えること、アイディアを組み合わせること、思い付きを書き出しながら考えること。
  15. 意欲を高める―人を好意的に評価しよう。時にはダメな自分を見せよう。:褒め上手な人は観察力が優れている。
  16. 番外編:高次脳機能ドックの検査―最低限の脳機能を衰えさせていないか確認しよう。

いっぺんにやろうとせずに、
ひとつずつ、生活に取り入れられるところからやってみると良さそう。

その上で、こういったサプリがあると心強い。
ここまで読んでくれた方に使って欲しいサプリがこちら。サプリと習慣の積み重ねにより、脳を包んで圧迫しているティッシュが一枚ずつ離れていくように、やがて頭もシャキっと冴えるはずだ。