エアウィールとセグウェイの違いとは?ハワイでエアウィールを楽しんだ話

ハワイで”初”エアウィールを体験した時の話です。

その日のハワイは雨季ということもあり、天気は雨が降ったり止んだりを繰り返していました。

ちなみに、ハワイへは何度か足を運んでいますが、ハワイの天気は変わりやすく、10月や11月は雨季のシーズンであるということをお忘れなく!(飛行機代は格安シーズンでもあります)

結論から言わせてもらうと、ハワイでのエアウィールはロケーションが最高です。

スポンサード リンク

エアウィールとセグウェイの違いとは?


エアウィールとセグウェイには若干の違いがあるそうです。

エアーウィールとセグウェイの違いですが・・・

”エアウィールはセグウェイの半分ほどの重量で、一回り小さいつくりのため小回りが効き、
自分の足が少し浮いたような感覚で自由自在に乗りこなせます。
ICチップによる自動制御でスピードや傾きをコントロールし、フロントライト・テールランプ付きで
暗くなってからの運転も安心。
他にもBluetooth内蔵でスマホなど連動して音楽を楽しんだり、前面に付いたLEDディスプレイで
速度や温度、距離をリアルタイムで把握できるなど、新機能満載のスタイリッシュな乗り物です。”

とのことです。

エアウィールとセグウェイには大きな違いはありませんが、エアウィールの方がセグウェイと比べると一回り小さく小回りが効くそうなので、初心者にはセグウェイよりもエアウィールの方が安心かもしれませんね。見た目はほとんどエアウィールとセグウェイに違いはなく感じました。

スポンサード リンク

エアウィールは安全にスリルを味わえる


その日、人生初のエアウィール(セグウェイ)に乗る、とのことだったので、期待に胸を踊らせながら待ち合わせ場所であるアラモアナショッピングセンターに到着。

13時にアラモアナセンターで待ち合わせ、スタッフさんと一緒にセグウェイがある場所まで車で移動します。

まずは、スタッフさんから乗り方をご教示して頂き、発進の仕方、ブレーキの方法までを教えて頂きました。

エアウィールのスピードは20キロ以上は出せないようになっていますが、20キロも出せれば十分にスリルを味わえますし、何よりも安全第一です。

そして、スタッフさんからの約10分間の説明の後、いざ出陣。

最初の乗り始めはぎこちなかったものの、すぐに慣れることができました。スタッフさんからの話では、今までに乗れなくて途中断念した方は「0人」だそうなので、乗り物が苦手な方でも安心かと思います。

そこから、アラワイ運河まで行きます。

アラワイ運河までに行くまでの道中は非常に走りやすく、何よりもロケーションが最高です。

そこから道路沿いまできて、横断歩道もセグウェイで渡りました(笑)。

天気は曇り雨でしたが、ロケーションはバッチリです。

また、初めはスタッフが丁寧にサポートしてくれるので、エアウィール(セグウェイ)初心者でも安心!また、慣れてきた時点で自由に走らせて頂けるので、乗り物にすぐに慣れてしまう方にもオススメですよ。

私はエアウィールツアー10分足らずで、すっかりエアウィールの虜になってしまいました。ハワイの絶妙な空気感を味わいながらのセグウェイはホントに最高。

横断歩道を渡りきる頃には、リピートしたくなるほどにセグウェイにハマっていましたね。

そして、アラワイ運河到着!

ご覧の通り、曇り空ですがオーシャンビューが広がり、ダイアモンドヘッドが見えるビューをセグウェイに乗りながら堪能できるなんて贅沢ですよね。

アラワイ運河にはのんびりとパークで休む人、散歩する人、ウェディングドレスを纏った新郎新婦もいたりと、とにかくロケーションが良いんです。

また、今回のエアウィール(セグウェイ)ツアーでお世話になったのは、日本人の方が運営しているチームでしたので、英語が話せなくても心配ご無用です。

何よりもハワイに住まれている日本人の方なので、現地の情報を色々と親切かつフレンドリーに教えてくださります。

プチ知識を学びながらもセグウェイに乗ることができるのは良いですね。

私はエアウィール(セグウェイ)に乗るのが初めてだったので「体験コース〈60分〉」をチョイス!

お値段は60分びっしりで80ドルでした。

こちらの会社のツアーはその他にも、

【運河&ビーチコース】<60分>

【ビーチコース】<90分>

【ローカルグルメコース】<180分>

などがあります。

【ローカルグルメコース】はカカアコエリアまでエアウィールで行き、朝食、またはランチまで楽しめるそうです。お値段も大人160ドルとの事なので、次回ハワイへ行った際はぜひ一度利用してみたいものです。

スポンサード リンク

エアウィールに乗ってみて気づいたこと


日本では色々と規制があって限られた場所でしか乗ることのできないセグウェイですが、ハワイで乗ることのメリットは何よりも”最高のロケーションの中を走れる”ことだと感じました。これは絶対に日本では味わえないので、ハワイだからこそのメリットがあると感じます。

こちらのエアウィールツアーですが、ワイキキ市内のホテルからの送迎もあるとの事なので、ハワイの時間を無駄にすることなく安心してセグウェイ体験ができると思います。

私どももエアウィールツアーの後はカカアコに行く予定だったのですが、スタッフの方が親切にカカアコまで送ってくださいました。

また、エアウィールツアーに参加する前に注意して頂きたいことは、

・10歳以上のお子様が参加できます。

お子様(10~15歳)の参加には保護者の同伴が必要です。
  ・身長・体重規定:130cm以上、30kg~120kg

・かかとの高い靴での参加はご遠慮ください。スニーカー(サンダル不可)

とのことです。

 

ハワイに訪れた際は、エアウィール(セグウェイ)体験してみるのもアクティブで良いかと思います!

最近ハワイで注目されているカカアコまでエアウィールで行くのも最高だと思いますよ。

スポンサード リンク