【年収7億】叶姉妹の収入源はNTTドコモ

叶姉妹といえば、日々good looking guysと、

 

夜な夜な遊び続けていることで有名なセレブ姉妹ですが、

 

どこからそのお金が出ているのかを調べてみました!

スポンサード リンク

NTTドコモからの権利収入で月6000万円

なんと叶姉妹はドコモから毎月6000万円の収入を得ているそうです。

これはどのようなシステムかといいますと、

マルチレベルマーケティング(MLM)システムを採用しており、

携帯電話の普及の歴史に関係してきます。
今でこそ日本人の携帯電話の所持数は1億4千万を超え、

国民総数に対し、116%というとんでもない普及率になりましたが、

昔はそうではありませんでした。
最初の携帯電話は、御存知かもしれませんが、

1970年半ばにはワイヤレスフォン、

1985年になるとショルダーフォンが発売されました。

そしてこのショルダーフォンの値段はなんと、

保証金20万円、月額基本使用料26000円とかなりの高額でした。

しかもこのショルダーフォン、重さが900gあるためかなり重い笑。

さらにフル充電に8時間かかり、最高活動時間40分という、

超低スペックな割に超高額な費用のかかるシステムでした。

 

この時代からNTTは携帯電話の普及を目指しており、

しかしそのためには研究開発の費用が必要でした。

そこで一部の芸能人や投資家に資金の提供を募りました。

スポンサード リンク

その時に資金提供の代わりに与えた権利こそが権利収入です。

これは簡単に言うと、

投資家の提供したお金を元に、NTTが発展すれば、

発展した分だけ投資家にお金が入るシステムです。
結果として、現在のように携帯電話は爆発的に普及し、

NTTも一大企業へと変貌を遂げました。

そしてこの発展のおかげとして、

当時資金提供をした人に終身的にお礼金を払い続けるのです。

 

この投資家というのが叶姉妹の祖父ということですね。

そして現在彼女たちは何もしなくても毎月6000万円の収入があり、

年間にすると7億2千万円の粗利があります。

羨ましい限りです。いつの時代も先物が大事ということですね。

スポンサード リンク

その他の権利収入芸能人はご存知?

1980年台に携帯電話の普及に資金提供したのは叶姉妹だけではないです。

他にも何名かの芸能人が資金提供をしていました。

大橋巨泉    月6億円

所ジョージ   月2億円

細木数子    月1億円

叶姉妹     月6000万円

こう見ると半端じゃなくセレブなのだなと実感します。

ちなみにこのお金の配分は、

携帯使用料金売上の◯%、といったように決められており、

毎月多少のばらつきはあるものの、とりあえず莫大です笑。

スポンサード リンク