夢占いにおける猫との関係性と5つの人生活用術

人間は、その生涯の概ね3分の1の時間を睡眠に充てる、と言われています。眠っている間に観る夢、この秘密は現代の医学や科学の力をもってしても未だ解明されていない、未知の世界と言えるでしょう。

 

夢を観る頻度やその内容の鮮明度合いには個人差があるかと思いますが、現実に起こり得そうなリアリティの強い夢や、浮世離れした設定の夢を観たりすることもありますよね。

 

夢の内容が何かを暗示している、そういった思想から生まれたのが夢占いです。夢占いは何を示唆しているのか、特に、その吉凶を占う上で、猫が夢に登場したか否かに焦点を絞って、夢占いと猫との関係性を徹底解説。さて、夢に登場した猫たちは貴方に何を告げているのでしょうか……?

スポンサード リンク

夢占いと猫、その関係性とは?

夢占いにおける猫との関係性と5つの人生活用術

夢の中に現れる様々な登場人物たち。出演者は何も人間ばかりとは限りません。犬や、果ては鳥や獣など、様々な動物が登場するケースだってあります。猫が夢に登場した場合、夢占いの視点から、どんな未来を示唆しているのか、夢の結果をどう活用すべきかを、いくつかご紹介させていただきます。

スポンサード リンク

夢の中の猫が暗示する夢占いの豊富なパターン

世に占いは数あれど、人間が必ずと言っていいほど観る、夢を利用した夢占いはある程度認知度も高く、一度は耳にしたこともある方も多いでしょう。夢占いで重要な役割を果たす動物、それが猫です。猫が出てくる夢には様々な意味があり、夢占いの結果にも大きな影響を及ぼします。同じ猫が出てくる夢でも、猫の登場パターンによって夢占いとしての意味合いががらっと変わってきます。いくつか代表例をご紹介しましょう。

まず、猫が複数匹出てくる場合。たくさん猫が出てくる夢は、観る頻度は然程多くないかもしれませんが、もしそういった夢を見た場合、夢占いの内容としては次のとおりとなります。男性の場合であれば、財政難を示唆する、と言われており、仕事の失敗や金銭トラブルに巻き込まれたり、と、どちらかと言うと凶事を表すので注意が必要です。

女性の場合は、恋愛要素に影響します。夢占いでは、恋のライバルの接近を示唆しており、男性の場合とは別の意味での凶事を表す内容となります。恋人がいる方は、相手に不審な動きはないか、連絡は普段どおり取り合えるか、注意を払ってください。

 

捨て猫を拾ったりして、猫を飼育するに至った場合や、既に設定上猫を飼育しているような夢を観た場合はどうでしょう。夢占いでは、猫という存在は秘密を暗示しております。既に知られてはいけない秘密を抱えている方はもちろんのこと、そうでない方も、これから他者に告げるが憚られる不都合な秘密を抱える可能性を示唆しているわけです。あまり良い兆しではないので、この場合も注意が必要ですね。ただ、これ以外にも金運のアップも暗示している、という見解もありますので、夢占いとしてどちらを示唆しているかの見極めが重要です。

やや物騒なお話ですが、ご自身が猫に手をかけて命を奪ってしまうような夢を観る場合もあるかもしれません。猫を殺してしまう夢は、災厄が迫っていることを示唆しています。天変地異や災害、交通事故はもちろん、仕事上のトラブルによる失業や左遷、降格や減給などの処分、男女間トラブルや、詐欺や詐欺まがいの被害に遭遇する……、など、様々なことが考えられますが、こういった災厄を乗り切ることができる、ということも暗示している可能性が高いので、それほど悲観はせず、何かあった時の備えを万全にして被害を最小限に食い止めることに注力するのが最善手と言えるでしょう。

 

猫に噛まれるような夢を観た場合、強い嫉妬心を表しています。嫉妬心にも様々な態様が考えられますが、夢占いだと、多くは男女の恋愛関係の嫉妬心を暗示する性質が強いです。嫉妬心を抱いている自覚がないままの方もこういった夢を観ることがありますので、ご自身を今一度省みてください。無意識に、嫉妬心を抱きそうな相手に辛辣な言動や態度が表に出ていませんか。お心当たりのある方は何気ない発言や行動にも注意が必要です。

あまり観ないケースかもしれませんが、猫が子猫を生む夢なんてのもあります。イメージ的にはめでたい雰囲気ですが、その実態はあまり良い夢とは言えません。夢占いだと、猫の出産の夢は、本来は無関係のはずの他者間のトラブルに巻き込まれることを示唆していると言われ、思わぬ相手から手厳しい言葉を投げかけられる可能性もあります。

 

猫があなたから逃げていくような夢を観た時は、あなたの身に降りかかりそうな危難が去っていくこと暗示と言えます。特に、黒猫があなたを見て逃げ去った場合、その意味合いは強くなります。目の前の困難が去って行ったり危機回避ができる、ということは、転じてラッキーが訪れる前兆とも言えますね。

猫同士が喧嘩していることだってあり得ます。喧嘩は、夢占いにおいてストレスを象徴する事象なので、あなたに潜在的に溜まっているストレスが、喧嘩という形になって現れているのです。猫の喧嘩をあなたが傍観者として観ているような場合は、仕事や恋愛、対人関係等でうまくいっていないことを示唆していて、そのことに憤りや焦りを感じているあなたのストレスが猫同士の喧嘩として表現されている可能性が高いでしょう。

一度は観てみたい夢の中のひとつに、猫がネズミを捕獲する夢、なんてのもあります。何かを勝ち取る、ということの暗示なので、夢占い上良い夢なのは間違いありません。特に、経済的な要因が強いので、ギャンブル運が好調になり万馬券を的中したり、株や為替で一儲けしたり、果ては宝くじが当選……、なんてことも。こんなニュアンスの夢を観たら、しばらくウキウキできそうですね。

このように猫が登場する夢には、夢占い上の様々な暗示が含まれております。良い夢・悪い夢、様々ございますが、さすが気まぐれで自由奔放な生き物、猫、といったところでしょうか。犬と違って神秘的な雰囲気を纏っているのにも何か秘密があるのかもしれませんね。

スポンサード リンク

そもそも猫は何を伝えるために夢に登場するのか

夢占いの中でもパターンが豊富でその判断が難しいと言われる猫。彼らは何をあなたに告げようと夢に登場するのでしょうか。夢占いでは、ズバリ危険を察知した場合に観る警告夢という位置づけなのです。登場の仕方で意味合いは多少変われど、そのほとんどがあなたの周囲の人間関係に何かしらの変化、それもやや悪い兆しでの変化を示唆しているのです。

猫を可愛がっている夢を観た場合の夢占いの内容を例にしてみましょう。猫を可愛がる、というその行為自体だけをみれば、何か吉兆を暗示してそうなのですが、実際は違います。猫を可愛がる夢の場合、ご自身が可愛がって目を掛けていた存在の人物や、信頼を寄せていた人間から裏切りに遭う、というのが夢占いでの見解です。人が人を裏切る、これは恋愛のシーンで取り分け多い要素かもしれません。相思相愛だと思っていたパートナーから突然別れを告げられる、なんてことも……。

 

恋愛のみならず、仕事でも同様です。信用のおける部下から突然の裏切りに遭う、逆も然りで、信頼していた上司から想定外の裏切り行為を受ける可能性もあります。猫は不吉な兆しとイコールで結ばれる、これは観念的に何となくわかっていた方も多いかもしれません。そういった夢を観たからといって人間関係を諦めるのではなく、最悪の事態を招かないようご自身が何をすべきなのかを良く考え、猫の夢を逆利用して、転じてあなたにとってプラスになるよう、夢占いを活用してみてくださいね。

猫が運ぶ幸運

凶事を示すケースが多い猫ですが、一部例外もございます。猫がネズミを捕らえるような夢は、金運がアップしそうな状況を暗示する吉夢と言われております。お金に困っていらっしゃる方がこんな夢を観たのであれば、少し希望が持てますよね。

また、一般的に見かけると不吉、と言われる黒猫ですが、夢に登場した場合はこの限りではありません。夢占いでの黒猫は、ただ登場しただけでは不吉さは拭えませんが、あなたがこの黒猫を追い払うような夢であれば、それは吉夢となり得ます。ネズミを捕らえた場合と違い、金運のみならず全体的な幸運が上昇傾向にあります。黒猫はその登場の仕方で、吉凶どちらのシグナルを発信しているのかがはっきりわかりやすいので、黒猫が夢に登場した際はどんなシーンだったかをしっかりと思い出せるようにしておきたいものです。

夢占いで猫が暗示する様々なキーワード

猫は、自由奔放で気まぐれな生き物です。従順で躾けると言うことを聞きやすい犬に比して、自由気ままな猫たちは、そのとおり「自由」の象徴とも言える存在です。また、日本では古来より、「不吉」の予兆とされてきました。

その一方で、中国などでは「豊穣」の雨を呼ぶ生き物として信じられていました。猫は俊敏でしなやかなので、その身のこなしから、変わり身の早い「狡猾」かつ「裏切り」のイメージもついて回るようです。夢に猫が登場した場合は、これらのキーワードが夢占いの結果として何かを暗示しているケースもある、と覚えておきましょう。

夢占いの効果的な活用方法

猫を中心とした夢占いの内容をいくつかご紹介しましたが、夢占いを実生活にどう活かすべきか、という部分にも触れたいと思います。悪い夢の場合、必ずしも不吉な予兆とは限りません。決して落胆したり失望したりせず、ポジティブに受け止める姿勢を忘れてはなりません。悪い内容の夢は、誰かにその内容を話してしまう、というのも効果的です。

 

夢の中でご自身が泣いている場合などはどうでしょうか。中には涙したまま目覚めて、現実の自分も泣いていた、という事例もあります。泣く、というのはストレスが溜まっている証拠で、体調を崩したり人間関係にヒビがはえないようにするためにも、何かしらの方法でストレスを解消するよう努めましょう。美味しい食事をとったり、温泉に浸かったり、自分へのご褒美などがおすすめです。喧嘩をする夢を観た場合、それらの多くは逆夢で吉夢と捉えることができます。現実では吉兆を示唆しているので、夢の中での喧嘩相手から思わぬプレゼントを貰えたりするかもしれません。

このように、夢の内容と暗示している内容は必ずしも合致しない場合もあります。前述のとおり、猫が出てくる夢はパターンが豊富で様々な暗示が込められていますが、夢占いの示唆している内容に応じて、実生活でどう振る舞うべきなのか、何を改善すべきなのかを判断し実践してみましょう。でなければせっかくの夢占いの意味も損なわれてしまいますよ。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

このように、夢占いは一筋縄の解釈ではないケースが多く、特に、猫が登場するとよりその示唆内容が複雑になる傾向が強くなるため、決して独断で解釈せず、夢占いの専門家等の意見を参考にすべきです。夢も猫も、神秘的な力を感じる要素が多分にあるので、例え悪い兆しの夢だったからといって悲観せず、どう対応するかが大切なのです。今回は猫と夢占いの関連性に焦点を絞りましたが、他の動物が出てくる場合にもそれぞれ意味がございます。夢占いの世界はまだまだ裾野が広いのです。

スポンサード リンク