言霊で運気を上げる5つの方法

言霊という言葉を聞いたことはありますか?言霊というのは、自分が発する言葉に霊的な力が宿ることを言います。

 

言霊を使うとどのような現象が起こるかというと、例えば、私なんて何してもダメ。って言葉で発すると、言霊は何してもダメなことを望んでると認識し、何か行動を起こしても行動した全てが上手くいかなくなります。

 

また、逆に私は美しいと発すると、体の中から揺るぎない自信と笑顔が満ち溢れるようになります。言霊は、限られた人だけではなく全ての人に宿っていますが言霊は善悪を問いません。人は1日に何万回もの言葉を発し、その中には良いことも悪いことも無意識のうちに発言しています。

 

自分が発する言葉は自分が望んでいる発言と言霊は捉えてしまうのです。善悪問わないのであれば言霊の力を充分に生かしより良い未来にする為言霊の使い方についてお話ししたいと思います。

スポンサード リンク

理想と現実の両方を言霊で叶える5つの方法

言葉には魂が宿っています。いわゆる言霊は自分の中に潜んでいる魔法使いです。発する言葉を正確に実現する力をもっています。思い通りに魔法を使うには魂を成長させなければなりません。言霊の力を生かした具体的実践方法を詳しくご紹介していきます。

スポンサード リンク

嫌なことでも運がいい!と発言

予想外の出来事が起こると人は、今日は運が無いな~っていってしまいがち。言霊は素直なので運がないと発してしまうと連鎖反応のように悪い事態が続きます。ではなぜ運がいいと発すると言霊が力を発揮してくれるかというと、答えは心にあります。

例えば、乗る予定の電車が遅れてしまった、ここで大概の人が、イライラする。待っている時間がもったいない。このように考えがちです。そうすると、心の声にも言霊は反応してしまうので、不快な出来事が起こりやすくなります。逆に運がいい!!と発すると、読書する時間ができた。コーヒーでも飲むか!など自然と心に余裕ができプラスの思考にシフトするので、悪い発想を軽減させることができます。嫌な時こそ、運がいい!そう発する習慣を身につけましょう。

スポンサード リンク

ハートが教えてくれる。言霊の善と悪

では、どうすれば言霊を上手に扱うことができるかのテクニックについてお話しします。誰でもすぐに実践することが出来るテクニック。それは、心のサインを受け取ることです。何気なく発した言葉で胸が痛んだり、ざわついたり、ときめいたりする事があると思います。その状態こそが、心のサイン。心が、合格、不合格、という様にわかりやすく教えてくれてるサインなのです。言霊は素直なので善と悪の区別がつかないため、代わりに心が自分にとってプラスの言葉、マイナスの言葉を伝える役割をしています。

人と会話をしているとき、自分の心を確認してみてください。ワクワクしたりドキドキしたりしていればそれは善の言霊になるので沢山発信していきましょう。逆に胸が苦しくなったり、後悔したり、イライラした時はそれは悪の言霊になる可能性があるので、その状態に気づいたら逆の発想を考えてみる癖付けをしましょう。もし、逆の発想が難しい場合は、ノートに書き出しその逆になる言葉を考え書いてください。そうすると、ノートに書かなくてもすぐに逆の発想が浮かぶようになります。慣れるまではコツを掴むのに時間がかかりますが、意識する事が大事なので、気づいたときは発した言葉を振り返り心の状態を確認してみてくださいね。

自信につながる言霊活用術

自分に自信が持てない、この仕事をこなす自信がない、そんな時に威力を発揮してくれる言霊の言葉があります。それは、「私ならできる!!」です。この言葉を発することで、根拠は無いのにできそうな気になれるから不思議なものです。でも、これにはちゃんと意味があります。言霊は言葉に宿る霊ですが、すべき行動まで教えてくれるのです。それはどういう事かというと、ひらめきとしてできる為にすべきことを教えてくれます。

例えば、自分に自信がもてないのであれば、なぜ自信が持てないのか考えよう、足りない知識があるのなら補おう等、思考に入り込み頭の声として囁いてくれます。それを、知らぬ間に実践していると自分に自信がついてくる感覚を感じるので、できる気になってくるのです。ここで一つ注意して頂きたいことは、気のせい、勘違いと流してしまわないということです。言霊の言葉に素直に従う、言霊の囁きをキャッチする、この二つができれば自然と自信が持てるようになります。自信がない時こそ、私ならできる!!と叫び、言霊のガイダンスを受け取りましょう。

鏡を使って言霊の魔法を自分にかける方法

言霊の力の威力は偉大です。その力を利用して自分に魔法をかけてみましょう。その方法とは、鏡に映った自分と会話することです。会話する内容は、5個以上自分の事を褒めてあげてください。チャーミングな瞳が素敵、笑顔が素敵、なんでも構いません。褒めてあげることによって、自分の中に潜んでいる魂が喜び、成長します。言霊は基本魂の中にいるので、魂が喜ぶと言霊もそれに反応して喜びを吸収します。言霊が喜びを吸収すると、言葉として喜びを表します。言霊が表現しているとき、貴方は言霊の喜びに気づくはずです。なぜなら、貴方は話せば話すほど笑顔だからです。

人は、他人ばかり気遣い、自分自身を後回しにしてしまいがち。でも、楽しい時も苦しい時もずっとそばにいてくれるのは自分自身。自分に優しくできる人は、他人にも優しくできます。その際、発する言葉は言霊の喜びの表現になるので柔らかく気持ちが落ち着く言葉へと変わり相手の心に届けることができるのです。言霊の魔法で今までとは違う自分を実感することでしょう。実感した際は鏡の自分に向かって感謝の言葉も伝えましょう。

言霊が導く夢への道のり

人は誰しもが夢を持っています。大小関係なく夢を実現させるには伝えることが大事です。なぜかというと、夢を伝えることで、言霊が道案内してくれるからです。言霊の力は自分だけでなく、その言葉を聞いてる人にも発揮します。夢は自分一人で叶えることは不可能。夢を叶えるために、誰か彼かが助けてくれます。その助っ人を連れて来てくれるのが言霊なのです。自分が発した言葉に言霊が宿り、相手に情報として宿ります。

その情報をもとに、相手は無意識のうちに必要な人を探し、それをまたその人に伝えます。人はこの連鎖の事をご縁と呼ぶでしょう。しかし、このご縁を繋げてくれているのは言霊の力なのです。人は、自分の夢を隠したがります。隠せば隠すほど夢は夢で終わるのです。叶えたい夢があるのであれば、言霊の力を借りて自分に必要なご縁を繋ぎましょう。それが夢に一番近くにたどりつく道のりなのです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

言霊と聞くと怖がる人も多いかもしれませんが、言霊は、言葉に宿る自分にとって必要不可欠な霊なので怖がることはありません。それに、より良い未来にしてくれる専門の魔法使いです。言葉は、相手を喜ばせることもできれば、言葉次第で凶器へとも変わります。人と人をつなげるコミュニケ

スポンサード リンク