タロットのワンオラクルのやり方6つのポイント

タロットカードというと並べ方や複数のカードの意味の読み取りが難しいと感じている方もいるかも知れません。特に興味を持ったばかりの初心者の方はそれが理由でタロットカードで占うこと自体を諦めてしまったりしていませんか。それではせっかくのカードが勿体ないです。

 

そんな方にぜひおすすめしたいのがワンオラクルという占い方です。このワンオラクルというのは名前のとおりタロットカードを1枚だけ引くというとてもシンプルでお手軽な基本中の基本の展開法ですので、初心者の方にもすぐに占うことができます。

 

それでいてインスピレーションを鍛えるためのとても重要な展開法でもあります。そんなワンオラクルをマスターしてタロットカードをもっと身近なものにしていきましょう。

スポンサード リンク

最もシンプルなタロット占い、ワンオラクル6つのポイント

タロットのワンオラクルのやり方6つのポイント

タロットカード占いの中でワンオラクルはお手軽でシンプルと言ってもいくつかポイントはあります。それさえ抑えておけばとても簡単な方法であなたにもタロットカード占いをすることができますので詳しく話していきたいと思います。まずはここからタロットカードを初めてみてください。

最初は大アルカナのみを使用する

本来のタロットカードは大小のアルカナで78枚あり、占い方も78枚すべて使うものから大アルカナのみで行うもの色々あります。初めのうちはワンオラクルでは22枚の大アルカナを使用することをおすすめします。何故ならワンオラクルはたった1枚のカードからたくさんの意味を読み取らないといけないので初めのうちは色々とイメージのしやすい大アルカナのほうがわかりやすくていいでしょう。

もちろんカードの読み取りにも慣れてきて、大アルカナのみでは物足りなくなったとき小アルカナも加えていただいてもかまいません。きっとワンオラクルで読み取れる答えの幅が広がります。

質問をしっかりと決める

繰り返しになってしまいますが、このワンオラクルは1枚のカードを引くというシンプルなものなので色んな質問に自由に応用を利かせることができます。けれどもあまり遠い未来のことを聞くのには適していません。ワンオラクルが向いているのはイエス・ノーで答えられるはっきりとした答えの出るもので、なるべく近い未来のこと。その日のことなどが良いでしょう。

例えば「今日はどんな日かな」とか「これは買うべきか、買わないべきか」などがワンオラクルに向いています。あと相手の気持ちを知りたいときなどにもワンオラクルは使えます。他にもたくさんありますよね。ちょっとした誰かの後押しやアドバイスがほしいそんな小さな質問が。そんな質問にアドバイスをくれるのがこのワンオラクルです。

タロットカードを信じて真剣に

タロットカードを信じるというのはとても大事なことです。いくらワンオラクルが簡単な占いであっても片手間に行ったりしてはいけません。ワンオラクルはシンプルだけれども1枚のカードの意味をしっかりと読み取らなければいけないとても奥の深い占いとなっていますのできちんとタロットカードと向き合ってください。そうすればあなたのために答えをくれます。あなたがタロットカードに懐疑的ではせっかくの答えが読み取れなかったり、読み取ったとしてもそれが正しい答えではなかったりします。ですのでこのワンオラクルも真剣に行いましょう。

シャッフルはしっかりと行う

これもやはりタロットカード占いをする上では飛ばせない重要なことです。ワンオラクルでも他の展開法と同じようにきちんとシャッフルを行ってください。まず22枚のカードを裏面にして揃えます。この時に決めた質問をしっかりとタロットカードに問いかけます。ここが曖昧ではワンオラクルで出てくる大事な答えも曖昧になってしまいます。

 

そして両手を使って時計回りにタロットカードをかき混ぜます。この時は何も考えずに無心で行いましょう。色々と考えて雑念が入ってしまうという方は集中するために眼を瞑っていても良いです。そして自分が良いと思うくらいにシャッフル出来たましら徐々に真ん中にまとめていきます。これでシャッフルは完了です。

カードの選び方はその日の気分で

シャッフルが終わったらいよいよタロットカードを1枚選びます。けれどこのワンオラクル、カードの選び方に決まったやり方はありません。カードの選び方さえ気分で選んでもいいのがワンオラクルの良いところですね。シャッフルしてまとめたカードの1番上をめくっても良いですし、カードを横に流して好きなものを選んでも良いです。

 

他にもカットしたあとの1番上のカードを選んだり…と色々あります。ダウジングなんかで選んでみても良いですね。ダウジングというのは振り子占いのことです。5円玉に糸を通してタロットカードの上に垂らし少し待ってみます。カードの上で5円玉が違った動きをしたら、それが選んだカードとなります。はあとはシャッフルの際に1枚だけ飛び出てきたらそのままそれを選んでみたりとその時の気分、直感で好きな方法で好きなタロットカードを選んでみましょう。

読み取りは直感で

ワンオラクルで引けるのは1枚だけですので、あまり難しく考えすぎず、最初はタロットカードの意味を調べたりせず名前や絵柄で受け取るくらいの感覚で読み取ってみてください。名前や絵柄で色々と自由にイメージして掘り下げていってみましょう。タロットカードの中に入り込むくらいの気持ちでインスピレーションを磨いていってみてください。タロットカードには怖い名前や絵のものがありますがそれはそのままの意味ではなく何かのイメージなのです。本当に悪い意味のものはないと思っていてください。沢山イメージして自分のこれだと思うものにたどり着けたらそれがワンオラクルで出た答えです。

 

それでもまだなんだか物足りないなと思ったら補助的な意味合いでそのタロットカードの意味を調べてみても良いでしょう。最初のうちは正位置逆位置は気にしなくて大丈夫です。もちろんこちらも慣れてきて物足りなくなってきたら正位置逆位置も取り入れて行きましょう。カードの意味が広がって楽しいですよ。

スポンサード リンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

タロット占いを身近なものに感じられそうでしょうか。このワンオラクルなら手軽に誰でもさっと占うことができます。朝のお出かけ前にカードを引いて、まるでテレビの星座占いを見るようなお手軽さで運勢を占ったり、ちょっとした悩み事をワンオラクルという展開法でタロットカードに聞いてみたりしてみてください。続けることでインスピレーションも鍛えられますし、何よりも楽しい1日のためのヒントをくれるはずです。

スポンサード リンク