食欲が止まらない妊婦さんへ!妊娠中期の甘いものの食欲を抑える方法

「つわりが終わったと思ったら、今度は食欲が爆発!」

「妊婦だから気をつけなきゃいけないのに、甘いものが食べたくてしょうがない……」

など、体重管理に苦労する妊婦さんは多いもの。

特に、無性に甘いものが食べたくなってしまい、ひたすら食欲と戦っていませんか?

甘いものは適量ならまだ良いですが、食べ過ぎは控えたいですよね。

かと言って、食欲を無理に我慢して、過度のストレスを抱えてしまうのも、妊婦さんには厳禁。

そこで、砂糖や添加物たっぷりのお菓子やスイーツへの食欲を無理なく抑える方法を、経験者の女性達に教えていただきました。

実際に効果があった方法ばかりなので、ぜひ、体重管理の参考にしてみてください。

スポンサード リンク

【体験談】妊娠中期の甘いものの食欲を抑える方法

つわりが終わってから、甘いものの食欲増加→昆布や甘栗を食べる

つわりが終わってから、甘いものの食欲増加→昆布や甘栗を食べる

妊娠初期につわりがかなりひどく、10キロ近く痩せてしまいました。

つわりが終わってからは、食欲を抑えることができず、産婦人科から注意を受けたほど。

そのため、大好きで毎日食べていた甘い物を家に置かないようにして、おつまみの昆布と甘栗を食べていました。

塩分を摂り過ぎたくなかったので、出来るだけお酢の味になっている昆布と、添加物が少ない甘栗を選んで食べていました。

どちらも腹持ちが良く、少し食べるだけでかなりお腹にたまります。

どんなにお腹がすいていても、昆布か甘栗を少し食べれば満腹感があり、食欲を抑えることができたので、甘いものが無性に食べたくなり我慢できなくなることもなくなりました。

美味しいので食べ過ぎには注意していましたが、糖分や添加物が多いお菓子を食べるよりは、身体にも良いはずです。

出産直前まで、昆布と甘栗は何時も近くにおいて、小腹がすくと、おやつ代わりに食べて食欲を抑えていました。

(Yさん 40代女性)

安定期~後期に、甘いものの食欲増加→ガムを噛む

妊娠中期の安定期に入ったくらいから食欲が出てきて、後期まで食欲が増加しました。  特に、甘いものが無性に食べたくなりました。  何かしていないと、常にお菓子を食べてしまう状態でしたが、あるとき、気分転換にとガムを噛んでみたら、それまであった「何か口にしたい」という衝動が治まりました。  私の場合、味がなくなっても気が済むまで1時間近く噛んでいたのですが、噛み続けることで満腹中枢が刺激され、食欲が治まったのだと思います。  ガムを長く噛んでいた時は、おやつだけでなく、夕飯の量もいつもより少なくすみました。  ガムを噛んでいることで口寂しさはないし、食欲を紛らわせることができ、他の作業に集中して取り組めるので、私にはぴったりの方法でした。  (Hさん 20代女性)

妊娠中期の安定期に入ったくらいから食欲が出てきて、後期まで食欲が増加しました。

特に、甘いものが無性に食べたくなりました。

何かしていないと、常にお菓子を食べてしまう状態でしたが、あるとき、気分転換にとガムを噛んでみたら、それまであった「何か口にしたい」という衝動が治まりました。

私の場合、味がなくなっても気が済むまで1時間近く噛んでいたのですが、噛み続けることで満腹中枢が刺激され、食欲が治まったのだと思います。

ガムを長く噛んでいた時は、おやつだけでなく、夕飯の量もいつもより少なくすみました。

ガムを噛んでいることで口寂しさはないし、食欲を紛らわせることができ、他の作業に集中して取り組めるので、私にはぴったりの方法でした。

(Hさん 20代女性)

妊娠5ヶ月から、ケーキの食欲増加→手作りのロースイーツを食べる

現在妊娠7か月ですが、安定期の5か月に入った頃から、とにかく甘いものが食べたくなります。

妊娠前からチョコレートなどの甘いものは好きではあったのですが、妊娠中は生クリームがたっぷりのったケーキが食べたいとよく思います。

体重増加も目標7kgで設定しているので、欲望のままに食べたくはなく、たまに葛藤しています。

ただ、甘くても体にいいもので満腹感のあるものなら、私でも我慢せずに満足できるのではないかと思い、ロースイーツをたまに作っています。

ロースイーツは材料費が結構かさむので、私の場合は、なるべく安く作れる生アーモンド、デーツ、レーズン、ローカカオパウダー、はちみつを使っています。

まずは、生アーモンド、デーツ、レーズンをブレンダーで細かい粒に砕き、ローカカオパウダーと少しのはちみつで合わせて、型に入れて冷やしておきます。

そうすると、デーツやレーズンの甘味、ローカカオパウダーのチョコレート感、そして生アーモンドの満腹感が得られて、本当に美味しいです。

ロースイーツは非加熱なので、ナッツなどの栄養素がそのまま残っており、それが体に直接取り入れられるので、満腹感を得やすい上に、さらに赤ちゃんにも良い栄養がたっぷりだそうです。

旦那さんも気に入って一緒に食べてくれるので、おやつの時間もおかげで楽しく過ごせています。

(Sさん 30代女性)

妊娠5ヶ月後半~出産前まで、スイーツの食欲増加→低カロリー・低糖質の間食を食べる

私は、つわりが完全に終了した妊娠5か月後半から、出産前までの時期に食欲が増加しました。

「つわりが終わったら、好きなものをたくさん食べるぞ」と意気込んでいました。

しかし、体重増加に問題はなかったものの、妊娠中の血糖値を指摘されてしまいました。

甘いものは控えて、我慢しているぶん、スイーツが特に食べたくなりました。

最初は、家におやつを置かないなどして、ひたすら我慢していましたが、逆に考えてしまうようになりました。

なので、小魚や牛乳、ヨーグルトなど、カロリーや糖質の低いものや、好きなお茶を飲むことで紛らわしました。

結果的には、少し食べると満足感もあり、また、赤ちゃんのためにと思って、冷静になることができ、効果があったと思います。

我慢してまったく食べないでいると、ストレスもたまるし、妊娠中我慢し続けるのは長いので、無理があると思います。

食べてもよいもの、量を見つけておくことで、安心にもつながりました。

(Kさん 30代女性)

スポンサード リンク

まとめ

妊娠中期の甘いものの食欲を抑える方法を、経験者の女性達に教えていただきました。

紹介したのは、

  • 昆布や甘栗を食べる
  • ガムを噛む
  • 手作りのロースイーツを食べる
  • 低カロリー・低糖質の間食を食べる

の4つです。

どの方法にも共通するのは、

「体に悪影響が少ない食べ物、もしくは、体に良い食べ物で代用する」

ということ。

「ただひたすら食欲を我慢する」のではなく、「無理なく食欲を抑える」のがポイントです。

体重管理に苦労する妊婦さんは多いもの。あなただけではありません。

なるべくストレスを溜めずに、心も体も満足するような食生活を楽しんでください。

 

スポンサード リンク