女性の臭い対策!冬の臭いの原因は煮沸で解消

臭い対策は色々試しているのに、どうしても自分の臭いが気になってしまう女性の皆さん。

実は、「冬だからこその臭いの原因」があるのをご存知でしたか?

洗剤や消臭剤を使ったり変えてみたりしてもダメだったなら、ぜひ、この臭い対策を試してみてください。

スポンサード リンク

冬の臭い対策は「煮沸」にアリ!

女性の臭い対策!冬の臭いの原因は煮沸で解消

育児経験がある女性にはお馴染みの「煮沸」。

冬の臭い対策にもバツグンの効果を表すのです!

用意するものはとても簡単。

出来るだけ大きい鍋。水。コンロ。たったのこれだけ。

やり方も、お鍋に水を張って、コンロにかけて、沸騰したら衣類を鍋に入れる。たったのこれだけ。

あらゆる臭い対策の中でも、かなり簡単で、かなりコスパがいい方法ではないでしょうか?

スポンサード リンク

何で冬に煮沸なのか?

「冬であんまり汗をかいてなくても臭い気がする」という不安を持っている女性も少なくないように思います。

夏場は色んな臭い対策グッズが販売されていますが、秋から冬にかけて一気に減ってしまいますよね。

ご自身の中で、定番の臭い対策グッズが見つかっていても、真夏と同じぐらい臭いに気を使わなきゃいけないとなると、お財布的にも精神的にも辛くなってしまうと思います。

だから、家にあるもので簡単に出来る「煮沸」という臭い対策は、冬にオススメなのです。

(※正確に言えば、冬に限らず、どの時期でも煮沸はオススメです)

冬は日照時間が短いことも臭いの原因に

夏に比べて、冬は日照時間が短く、日光による除菌力も下がってしまいます。

外に干しにいくと寒いから、室内干しをしてしまう人もいるのではないでしょうか?

同じように洗濯をしていても、夏と冬とでは衣類に残る臭い菌の量が異なります。

そこで、殺菌力に絶対の信頼がおける「煮沸」が活躍するのです!

スポンサード リンク

インナーほど煮沸すべき!

女性用のカットソーなどは、普通のTシャツなどと比べると、袖周りに余裕のないデザインが多く、常に布地が脇に密着しがちです。

冬場はあまり汗をかかないからこそ、夏よりもさらにベトベトの汗が出てしまいます。

そのベトベトの汗を含んだまま、常に脇へ密着しているインナーは、洗濯するだけじゃ臭いの原因菌が落ちないこともあります。

「どれを煮沸すれば良いのだろう」と悩んだ時には「肌に直接触れるものから」という基準で選んでみてください。

煮沸して良い衣類・ダメな衣類

「肌に直接触れるもの」という基準だけでなく、もう1つ注意したいポイントは「素材」です。

  • 綿

基本的には上記2つ以外の素材を使用している衣類は、煮沸には適していません。

色落ちや型くずれの可能性が高いので、試してみる場合には、着れなくなっても困らないもので試してください。

化学繊維を使っているものや、絹などデリケートな素材は避けましょう。

私はデニムジャケットも試してみたことがありますが、目ではあまり変化を感じなかったものの、煮汁(?)はやや青くなっていたので、やはり色落ちしてしまうようです。

私がよく煮沸するもの

  • 靴下
  • タオル
  • カットソー
  • 枕カバー
  • シャツ
  • 下着

基本的には、臭い対策として、臭いの原因菌が残りやすいものを選んでいます。

靴下やタオルは生地の厚さ的に、他の衣類よりも乾くのに時間がかかってしまい、生乾き臭もしやすいので煮沸します。

他にもコーヒーなど臭いの強いものをこぼしてしまい、洗濯しただけじゃ臭いが取れなかったものも煮沸すると取れるんですよ(※取れるのは臭いであって、シミは落ちません)。

衣類の煮沸方法

用意するものは、先程も言った通りお鍋とコンロがあれば大丈夫です。

お鍋はすでにお家にあるものでも、新しく購入してもどちらでも構いません。私はすっかり煮沸にハマってしまい、臭いやすいものは定期的に煮沸したいので、大きな鍋を1つ買いました。

強いて言えばトングがあるとやりやすいですが、菜箸でも十分です。

やり方は、一旦沸騰したら、後は弱火で3~5分ほど煮るだけ。

衣類によっては色落ちしやすいものがあるかもしれませんので、しゃぶしゃぶの要領で時々お湯の色を確かめながら煮ると安心です。

煮沸した後は、そのまま洗濯機に入れていつも通り洗って干せばOKです。

洗濯した後で煮沸するのもアリ

私は、一度洗濯機にかけて、それでもまだ臭いが残っているなと感じたものだけ煮沸しています。

その場合は煮沸し終えたら、お湯がぬるま湯になるまで放置するか、冷水にとって、よく冷やしてから絞って干します。

熱湯を含んだ衣類はかなり熱いので、やけどに注意しましょう。

ゴム手袋をしてからすすいだり絞ったりすると、より安全に煮沸出来ますよ。

煮沸のさらに上は「重曹で煮洗い」

煮沸だけじゃ臭い対策としてまだ安心出来ない、そんなあなたには「煮洗い」がオススメです。

煮洗いには、百均やドラッグストアで売っている「重曹」を使います。

  1. お鍋に衣類を入れます
  2. 衣類が鍋底につかないようお水は多めに入れます
  3. コンロにかけて沸騰するのを待ちます
  4. 沸騰したら重曹を大さじ1~2杯入れます
  5. 火は弱火にします
  6. ときどきかき混ぜつつ5分ほど煮ます
  7. 鍋の中のお湯がぬるま湯になるまで放置します
  8. 水道水で衣類をすすぎます
  9. お水をすすぎ終えたら絞って干す

初めてやる場合は、捨てても良い靴下やタオルなどで試してみてくださいね。

最強の臭い対策!煮沸の効果はどれぐらい?

結論から言うと、中年男性が、真夏に4~5日お風呂にも入らず着続けたTシャツや下着の臭いも一発で消えます。

私の夫が、8月に季節外れのインフルエンザにかかった時のことです。

折り悪く私はお盆で実家に帰っていました。

悪寒がするからとクーラーもつけず、お風呂に入ったり着替えたりする余力もない状態で、真夏に延々とうなされていた夫(四十代)。

正直、とんでもない臭いを放っていました。お食事中の方がいたら申し訳ないから詳しく書けないほどの臭いでした。

それも煮沸をしたらすぐに臭いが消えたのです。

布団は消臭剤をふんだんに使って何時間も天日干ししても、臭いが残っているどころか、消臭剤の香りと混ざって新たな臭いが発生する始末。

煮沸の効果は、消臭剤+日光よりも強いと実感しました。

中年男性の4~5日分の汗も即座に消してくれる煮沸は、女性の臭い対策としてもかなり心強い存在だと思いますよ!

冬の臭い対策まとめ

  • 冬は衣類に臭い菌が残りやすい
  • 煮沸の殺菌効果はとても凄い!
  • 煮沸をするなら万が一色落ち・型くずれしても良いものから
  • 煮沸でも心配なら煮洗いをする

以上です。

原因が分からず臭い対策するのは、お財布も心もぐったりしちゃいます。

まずは「肌につけるものの殺菌・滅菌」から始めてみませんか?

スポンサード リンク