ハロウィンの起源が怖い! 悪魔崇拝の祭典って本当?

あなたは、ハロウィンの本当の起源を知っていますか?
ハロウィンの起源はジャックオーランタンの話が一番有名で知っている人も多いですが、それは違います。
それがモデルとなった起源があります。

 

その起源が、実は古代ケルト人の生け贄儀式から始まったと言われています。
そしてこの生け贄の儀式は、悪魔崇拝に通じているというのです。
そうなった経緯について、どう悪魔崇拝と関連があるのかしっかり説明していきます。

スポンサード リンク

あなたも知ってる表向きのジャック・オ・ランタンの話

ハロウィンの起源が怖い! 悪魔崇拝の祭典って本当?

真っ先にハロウィンの起源は?と聞くとジャック・オー・ランタンの話が返ってきます。
ジャック・オー・ランタンの話は、嘘つきで怠け者のジャックが主人公の話です。
悪魔までも騙し、地獄へ行けなくして、ジャック自身も死んでしまうのですが、その時に天国へも行けず、結局のところはさまよい、カブに取り付いたといった感じの話です。

 

しかし、本当の起源はこれ以上に恐ろしいものが隠れていました。
それではその隠された真実について、話しましょう。

 

スポンサード リンク

本当に怖すぎる!ハロウィンの起源とは?

ハロウィンの起源が怖い! 悪魔崇拝の祭典って本当?

ハロウィンの起源は古代ケルト人の祭典から始まっていると考えれています。
ケルトは、今で言うと、アイルランド付近だと言われています。
このケルト人が行っていた収穫祭が10月31日だと言われ、一年の終わりを意味していたそうですよ。
そうしてこの収穫祭は、サムハイン祭と呼ばれ、ドルイド教の行事です。

 

このサムハイン祭で、子供を生け贄を捧げていたことを含む収穫祭だったというのです。
生け贄と聞くだけでぞっとしますよね。
ドルイド教とは、どんな宗教でしょうか?

 

スポンサード リンク

ハロウィンの起源で出てくるドルイド教ってどんな宗教?

ドルイド教は、太陽神バアル神を信仰している宗教で、主に、医者や天文学そして裁判官の役目を担っていたと言われています。
特に自然崇拝で日本ともよく似ています。

これだけ聞くと、ハロウィンの起源に子供を生け贄にしていたということは全く関係ないような気がします。
がしかし、問題はこれからです。

 

このドルイド教は、ウィッカーマンと言われる巨大な人形の折を作り、その中に生きた人を大量に入れ、そのまま火をつけ神に捧げていました。
いやはや恐ろしいことをするものです。

 

そして、その神は誰に捧げていたのかというと、悪魔だと言われています
そのことから、悪魔崇拝と言われ、ハロウィンにもその名残が残っていると言われています。
そして決定的な証拠とは、バアル神は他の宗教では悪魔の存在として描かれています。

トリックオアトリートの本当の意味もすごい怖かった!

ハロウィンの起源が怖い! 悪魔崇拝の祭典って本当?

ハロウィンのお菓子をもらうときに使う言葉は、トリックオアトリートでしたね。
この意味は、お菓子をくれないといたずらしちゃうぞといった意味で使われます。
しかし、本当の意味でのトリックオアトリートはこんななまやさしいものではありませんでした。

 

実はこのトリックオアトリートはドルイド教の僧たちが、城の王妃や他の女性の生け贄のことを探す意味として使われていたそうです。
当時の人はこの言葉に、ものすごい怯えを感じていたことが伺えますね。
まさか、トリックオアトリートの意味がこれほどまでに恐怖になるとは思ってもいませんでした。
そしてまだまだあります。

 

本当のジャック・オー・ランタンもものすごい怖かった!

ハロウィンシーズンになると町中には、あふれるほどのカボチャのお化けが置いてあります。
そう、今ではそれがジャック・オー・ランタンと呼ばれていますが、本当のジャック・オー・ランタンはこんなカボチャのようなものを使ってはいませんでした。

 

使われていたのは、人の脂肪だそうです。
考えるに恐ろしいですね。

 

当時のドルイド教にとっては、このジャック・オー・ランタンには、生け贄に代わって、内部の人間が殺されないように防御の意味で用いられたそうです。

 

まとめ

スポンサード リンク