超ふっくらジューシーな卵焼きを作る方法!冷めてもふっくらジューシー?

お弁当の定番と言えば『卵焼き』でしょう!

味付けも「甘い系」「しょっぱい系」など家庭によって様々ですが

『ふっくら』で『ジューシー』な卵焼きが美味しいのはどこも同じですよね!

そこで、素人でも簡単に『超ふっくらジューシー』な卵焼きの作り方を紹介します!

(もちろん冷めてもふっくらジューシーですよ!)

すでに『超ふっくらジューシー』な卵焼きが作れる料理上手な人ならいいんですが、

意外に簡単そうで卵焼きって難しいですよね。

材料は同じでも、パサパサで美味しく無い…なんて事も!

 

でも実は、チョットしたコツをつかんでいれば

冷めても『超ふっくらジューシー』な卵焼きが作れるんです!

 

スポンサード リンク

基本レシピ

甘い系、しょっぱい系など、色々ありますが、

とりあえずは基本的な卵焼きを紹介します。

【材料】

卵 … 2個 、 水 … 20cc 、 だし … 小さじ1/3

塩 … 1つまみ 、 砂糖 … 小さじ1

材料の中にマヨネーズを入れるとふっくらするというのもありますが

今回は、そう言うのは無しで、基本的な卵焼きで超ふっくらジューシーを目指します!

超ふっくらジューシーな卵焼きを作る方法!

通の作り方だと、材料を全部混ぜて、卵焼き器に油を引いて卵を流し入れて、

卵が焼けてきたら巻く…って言うのを5回くらい繰り返す感じですよね。

(火加減は弱火でじっくりの方が良い気もしますよね)

超ふっくらジューシーな卵焼きを作る方法!

どうですか?

だいたいこんな感じで卵焼きって作りますよね。

 

でも、こうやって作ったのって、切った断面に隙間がいっぱいで

しかも冷めるとパサパサで…。

じゃあ、一体どうやって作ると『超ふっくらジューシー』な卵焼きが出来るんでしょうか?

スポンサード リンク

チョットしたコツで超ふっくらジューシーに!

卵焼きを作るとき、「焦げると大変!」って思って弱火で作ると思います。

何だか弱火の方がふっくら仕上がるような気もしますしね。

でも実は逆なんです!

度胸を入れて、一度強めの火で作ってみて下さい。

 

【強めの火で作るだけでふっくらジューシー?】

どんな料理も、「弱火でじっくり」「時間をかけて…」そうした方が

美味しくて、柔らかくて、ジューシーで、ってイメージがあります。

だから、卵焼きも「弱火でじっくり、手間をかけて…」と思ってましたが

そんな事無くて、逆に強めの火で作った方がいいんです!

チョットしたコツで超ふっくらジューシーに!

弱火で卵を焼いていくと

卵のタンパク質が固まるのに

時間がかかってしまうために

その間に熱が上の方まで伝わって

卵焼き全体が固くなってしまうんです。

逆に強めの火で作った場合はと言うと

下の方のタンパク質が急激に固まって

層を作ってくれるんです。

そのため、全体が固くならずに

弱火で作った時よりも

ふっくらでジューシーな仕上りになるんです!

「焦げてしまいそう…」

と心配してしまいがちですが

意外と、そんなに真っ黒に焦げてしまう事はありませんよ♪

 

【手抜きをしてもいいんです!】

卵焼きって、何層にも巻いてあるイメージがありませんか?

最低でも5回くらいに分けて、焼けたら巻いて…を繰り返して…。

手間もかかる分、その方がふっくらしそうな感じがするんですが…

実は、手抜きをした方がふっくらするんです!

火加減でもそうなんですが、卵のタンパク質が熱によって固まりすぎると

ふっくらしなくてパサパサになってしまいます。

小分けにして何回も焼くってことは、

少しずつ卵のタンパク質を固めて巻いているような物。

もっと大雑把でいいんです♪

5回巻いてたのなら、2回くらいに減らした方が、

逆にふっくらジューシーになりますよ。

 

【卵をケチっちゃダメダメ!】

「基本レシピで…」と言いましたが、

『超ふっくらジューシー』にするためには、

卵をもう1つ足して下さい。

あのレシピで、卵を2個から3個にするだけで

さらに『超ふっくらジューシー』な卵焼きへと変身します!

卵の数を2個から3個に増やすと

卵液の量が一気に増えるため

熱の伝わり方がさらに弱くなり

その分、ジューシーさが保たれやすくなります。

これを、まいていけば

ふわふわでジューシーな卵焼きが作れちゃいます♪

 

さらに、卵を流し入れたら、菜箸でスクランブルエッグのように

かき混ぜながら焼いてみて下さい。

こうする事によって、卵全体の温度が均一に近くなり

程よいふわふわ状態になりやすくなります。

さらにふわふわジューシーな卵焼きが作れますよ♪

スポンサード リンク

おわり

どうですか?

これでアナタも卵焼き名人?

一度ためしてみてはいかがでしょう。

スポンサード リンク