旦那も子どもも喜ぶ美味しい七草粥を作るには?七草粥の由来は?

1月7日は七草粥を食べる日ですね。

春の七草(セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ)

どれも一年に一度しか食べないですね。

スポンサード リンク

食べる理由は?

  • 無病息災を願う
  • 正月の祝膳や祝酒で弱った胃を休める

スポンサード リンク

御伽草子(おとぎぞうし)に七草粥の由来あり

昔、とても親孝行な者がおり、

100歳を過ぎて弱った親を自分の寿命を分けてでも若返らせたいと

山に入り21日間の苦行を行いました。

 

その優しさに感心した帝釈天(たいしゃくてん)という神様は、秘術を授けることにしました。

1月6日までに『セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ』の7種類の草を集め、

それぞれを『酉の刻、戌の刻、亥の刻、子の刻、丑の刻、寅の刻、卯の刻』に玉椿の棒で叩き煮て食れば、

一口で10歳、7口で70歳若返るというのです。

 

親孝行者は、山の中を一生懸命に七草を集めました。

そして、教えられた通り作り、年老いた両親に食べさせると、両親はたちまち若返ったそうです。

スポンサード リンク

わが家の七草粥は中華風

上記のお話と違い、今では手軽にスーパーで七草パックを購入できますね。

うちも1月6日に七草を購入し、1月7日の朝食としていただきました。

中華風七草粥
旦那も子どもも喜ぶ美味しい七草粥を作るには?七草粥の由来は?

作り方はすっごく簡単(3人分)※調理時間30分

  1. 0.7合の米を洗い、鍋に入れ、多めの水に一晩浸しておく。
  2. 朝、鍋に浸していた米を火にかける。(30分弱)
    ※鍋に米が引っ付くので時折混ぜる。
  3. 七草を洗い、スズナ(かぶ)、スズシロ(大根)の根菜部分を水から湯がく。
  4. 3の湯が沸騰したらそれ以外の七草も一緒に湯がき、火が通れば水にさらしてから水を切る。
  5. 七草を食べやすい大きさに包丁で細かく切る。
  6. 米が柔らかくなって来たら、中華スープ(ウェイパー)を適量入れる。
  7. 最後に、七草を鍋に入れ、全体と混ぜ合わせて完成です。

※お好みでゴマ油や、ラー油を少し入れても美味しいですよ!

 

七草をしっかり下茹でして水洗いするので苦みが消えて、子どもも食べやすいですし、

普通の塩のお粥ではなく、中華風にすることでしっかり味があり、

お粥嫌いの旦那様も喜んで食べてくれるようになりました。

毎年食べる縁起物なので美味しくいただきたいですよね!

 

スポンサード リンク