パーカーIMボールペンのレビューは?書き味も

最近息子(2歳)が少しずつ
言葉を発するようになりました。

”おいしい?”って聞くと”おいしい”
と返したり、外出するときに
”行こー”と言ったりなど

少しづつですが会話ができるように
なってきました。

そんな息子の成長に癒されると共に
元気をもらっています。

さて今回はパーカーの入門の定番である
IMシリーズのボールペンについて
書いていこうと思います。

スポンサード リンク

パーカーとは?

パーカーIMボールペンのレビューは?使用画像や書き味も

パーカーはイギリスの筆記具ブランドで
英国王室御用達にもなっている伝統のある
ペンブランドです。

そのペンは多くの歴史的出来事にも立ち合い
太平洋戦争終結の調印式や
戦略兵器削減条約調印式といったところでも
使われ「平和のためのペン」と呼ばれたこと
もあります。

スポンサード リンク

なぜIMボールペンを選んだのか?

まず一番はデザインのカッコ良さです。

私は金にシルバーのものを使っているのですが
それがなんとも言えないカッコ良さを醸しだして
いるのです。

太めの軸でそこそこ重さがあり非常に
ずっしりと堂々としたそのフォルムには
イギリスならではの紳士さが漂っています。

また同軸とペン先の結合部に金色が入ることで
よりしまったデザインになっていると思います。

そしてやはり外せないのはパーカーの特徴である
矢の形をしたクリップです。

これがまたかっこいいんです!!

ただ胸ポケットにさして取ろうとしたときに
引っかかって取りにいときがありますが・・・汗
(それもご愛敬ということで(;^_^A))

その次にやはりコスパの高さです。

こちらのボールペンは2.000円ですが、
非常に高級感があり、安っぽさは微塵も
ありません。

そしてたまに”いいペンを使ってるね”と言われる
こともあり、人からの見られ方もよく見られます。
(字の綺麗・汚いはともかくとして(;^_^A)

自分の好きなペンを使って人からも良く見られるなん
てまさに一石二鳥ですね♪

スポンサード リンク

IMボールペンのスペックは?

【長さ】
・全長:135mm
・軸径(最大):11mm

【重さ】
・全体:27g
・胴軸のみ:17g
・リフィル:4g

重さはボールペンにしてはそこそこ重めです。

女性にとっては太めの軸ということもあって
少々使いにくいかもしれないですね。

(少し男性的なデザインかなぁという印象です。)

女性でもパーカーのボールペンを使いたい
という方には「ジョッター」がおすすめです。

「ジョッター」はまさにパーカーの代表的なペンで
パーカー初のボールペンでもあります。
その歴史は長く誕生から60年以上の歴史が
あります。

しかし今なお革新を続けておりカラーバリエーション
や高級ラインなども続々出ています。

 

その中から自分好みの1本を選ぶことができ
選ぶ楽しみも味わうことができます。
値段も1200円とお手頃価格なのも嬉しいですね♪

IMボールペンの書き味は?

IMボールペンの芯はパーカー独自のクインクフロー
という芯が使われています。

これは速乾性に非常に優れ、また書き味も非常に
滑らかな書き味になっています。

少し粘度があるせいかさらさらとした書き味では
ありませんが、紙に吸い付くように書くことができ
一度クインクフローで書いたらその書き味に
夢中になること間違いなしです。

また一般的なボールペンに比べ色の濃さが
濃いめでとてもはっきりした発色になっています。

パーカーのリフィルは国際的な基準になっており、
パーカータイプとも呼ばれています。

そのため他メーカーのリフィルとも互換性があり
芯を変えて楽しむこともできます。

メーカーによってはパーカーに無い色なども
あるので、より好きな色を楽しむことも可能
です。
※これは一部に過ぎず他にも種類はたくさんあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ボールペンといえど、せっかく書くのであれば
自分の好きなペンで書きたいですよね。

そんなときにパーカーIMボールペンは
可もなく不可もなく非常に使いやすく
かつ上品に見えるボールペンだと思います。

また他メーカーのリフィルを使えるという
点も魅力の一つですよね♪

それによって選べる幅がぐっと広がり
自分の筆記ライフもより豊かなものに
なると思います。

またIMボールペンはそのコスパの良さから
プレゼントにもよく選ばれています。

ぜひ自分の大切なひと、友人に
想いを込めて贈ってみてはいかがでしょうか?

スポンサード リンク