チェザレエミリアーノ万年筆取扱店・書き心地・スペックは?

最近スポーツがとても盛り上がっていますね。
自分はゴルフは全然見ないのですが、松山選手
の活躍はすごいですね~。

テニスの錦織選手も最近調子が悪くても数年間
トップ選手としてい続けているのは本当に尊敬
します。

2人とも年下ですが、そんな彼らが活躍している
姿を見ると自分も勇気をもらいますね。

これからの活躍も楽しみにしています。

さて、今回はとても珍しいチェザレ・エミリアーノ
の万年筆について書いていきたいと思います。

スポンサード リンク

チェザレ・エミリアーノとは?

チェザレエミリアーノ万年筆取扱店・書き心地・スペックは?

チェザレ・エミリアーノはイタリアのトリノに
工房がある万年筆のブランドです。

世界的に知名度はそれほどなく、日本の万年筆屋でも
この万年筆をお目にかけることはまずありません。

日本では京都のTHE WRITING SHOPというところが
日本の代理店になっており、そこくらいでしか購入
することはできません。

こちらのお店ではチェザレ・エミリアーノのサンプル
や見本帳が置いてあります。

それを眺めているだけでもとてもうっとりします。

そしてオーダーするときは数ある見本帳から
同軸の素材・色、キャップの素材・デザインなどを
選び自分好みの万年筆を作ってもらうことができます。

まさに世界に一本だけの万年筆を作ることが
できるのです。

(私はグリーンの代理石調の胴軸に格子柄のキャップ、そしてキャップに名前と年を刻印してもらいました)

ちなみに現地の工房で作るため、オーダーから
手元に届くまで約半年ほどかかります。

しかし、どんな万年筆が届くのだろうと思って
待っているとあっという間に半年なんか経って
しまいます。

届いた万年筆を見た瞬間は感動の一言に限ります。

スポンサード リンク

チェザレ・エミリアーノのペン先

ペン先はスチールペン先から18金ペン先
までラインナップがあります。

基本はスチールペン先ですが、スチールといえど
金ペン並の柔らかさがあり、スチール特有の
カリカリ感はあまり感じません。

ペン先のデザインはシンプルですが、非常に大型の
ペン先なのでとても存在感があります。

私が持っている万年筆は全て大型のペン先ですが、
それよりももっと大きいです。

スポンサード リンク

インクフローは?

インクフローに関してはすこし潤沢かなという
感じです。

出過ぎずちょうどいい感じです。

ただ気になるのは、はじめの内はペン先が
インクと馴染んでいないため、インクが
出なかったり、かすれる事がよくあります。

しかしこれはどの万年筆でも最初は
ペン先が馴染んでないのでよくあることです。

1ヶ月も書き続ければ問題なく筆記できるように
なるので神経質になることはありません。

長さや重さは?

【長さ】
・全長(キャップ収納時):145mm
・全長(キャップなし) :127mm
・全長(キャップ尻軸取付時):173mm
・軸経(最大):18mm

【重さ】
・キャップ装着時:36g
・キャップなし :19g
・キャップのみ :16g
・胴軸:11g

胴軸はセルロイドなので手に吸い付く
感じがありツルツル滑ることがありま
せんので安定しています。

重心は中心よりやや後ろよりです。

しかしペン自体の重さはそこまで感じないので
長時間の筆記でもあまり疲れにくいです。

胴軸の柄は光の具合によって濃淡が変わるので
とても美しく見ていても全く飽きがこないです。

チェザレ・エミリアーノはキャップを
尻軸につけて筆記することを想定して
設計されていないのでキャップを尻軸
につけるとすごく長くなります。

またバランス的に完全に重心が後ろに
いってしまいますので重くてとても書きに
くくなります。

そもそもキャップなしの方が筆記時の
手のラインが美しく優雅さがあります。

インクの吸引方式は?

チェザレ・エミリアーノはカートリッジと
コンバーターのどちらにも対応しています。

コンバーターは購入した時についてきます。

やはり美しい万年筆なので普通のインクでは
面白くありません。

私はインクをファーバーカステルのバイオレットを
入れています。

緑軸から紫色という意外性がなんとも
たまりません。

スターリングシルバー

チェザレ・エミリアーノにはスターリングシルバー
が使われています。

そのため若干重さがあります。

しかし使用していくごとにシルバーの
経年変化を楽しむこともできるのも
この万年筆の特徴ではないでしょうか。

キャップにはスターリングシルバーを意味する
925の刻印がされています。
(写真では825に見えますが汗)

まとめ

チェザレ・エミリアーノはイタリア万年筆らしく
とても遊び心のある万年筆だと思います。

見ていて全く飽きず、手に取るととても
喜びを感じます。

また胴軸の素材はセルロイドだけではなく
ブライヤーウッドや牛角、リザード、魚といった
とても珍しい素材まであります。

それを一つ一つ自分好みに選び作り上げるのが
この万年筆の最大の魅力だと思います。

金額的には私の場合7万円ほどでしたが、
この金額はフルオーダーで輸入品と考えれば
かなり良心的な金額だと思います。

ぜひおすすめしたい万年筆です。

では、また♪

スポンサード リンク