ネイルベッドを伸ばす3つの方法

爪を噛むくせがある人に多いのが

ネイルベッドが狭いこと。

なんとなくバランスが悪く見えてしまい

なんとかならないかなと思っている人も少なくないはず。

 

またネイルベッドが長いと爪も長く見えますよね。

ということで今回はネイルベッドが狭い人へ向け

ネイルベッドを伸ばす方法をお伝えしていきます。

スポンサード リンク

ジェルネイルをする

ネイルベッドを伸ばす3つの方法

簡単にいうと爪を噛むからネイルベッドが狭くなるんです。

だったら噛むのを止めましょうということです。

とは言ったものの爪を噛むのって

ほとんどが無意識だったりします。

ですから爪を噛むのを止めようと思っても

そんな簡単なことではないのも承知しています。

ということで私がおススメするのは

ジェルネイルをしてみることです。

 

どうしてかと言うと爪が伸びたときに

白い部分が見えないからです。

爪を噛んじゃうのは爪の先端が白くなるので

なんとなく白い部分へ目がいき噛んだり

引き剥がしたりしたくなります。

そういった無意識の衝動を抑えることができます。

また、ジェルネイルの重みが

爪と皮膚の間にあるハイポニキュウム

一緒に伸び育ちネイルベッドを伸ばし

爪を大きく育てることにつながります。

スポンサード リンク

爪切りを意識する

ネイルベッドを伸ばす3つの方法

爪を切るときに絶対にしてはいけないのが

あなたも想像できると思いますが深爪です。

深爪を繰り返すごとにネイルベッドは

どんどん減ってしまいます。

意識したいのはハイポニキウムを育てるということ。

必ず2~3ミリ残して爪を切るようにしましょう。

一番良いのは爪切りではなく爪やすりを使うことです。

最初に爪の真ん中

その次に爪の左右をヤスリがけするようにしてください。

スポンサード リンク

爪の保湿

ネイルベッドを伸ばす3つの方法

爪は肌と一緒で乾燥に弱いです。

特に爪を支えるハイポニキュウムは

乾燥すると育ちにくくなります。

また爪が割れやすくなったり二枚爪の原因になります。

しっかりと保湿クリームやネイルオイルを塗り乾燥を防ぎましょう。

ハイポニキウムの育て方 ぐんぐん伸びる方法を紹介

まとめ

ネイルベッドを伸ばすのは無理だと考えがちですが

しっかりとした対策、方法で十分に伸ばすことが可能です。

ただしある程度の時間がかかるので

すぐに伸びないからと言って諦めないでください。

一番失敗しづらいのはジェルネイルを使った方法です。

爪とハイポニキュウムを密着させることで

ネイルベッドが伸びやすくなります。

 

ぜひお試しください。

もしジェルネイルができない環境であれば

最低限、ネイルオイルを使用するようにしましょう。

スポンサード リンク