なぜお笑い芸人には人見知りが多い?隠された意外な理由とは?

日本人に多いとされる「人見知り」ですが、実は毎日テレビで見るお笑い芸人の中にも多数存在しています。人見知りにとって最も苦手とも思えるお笑い芸人という職業を、なぜ彼らは選んだのでしょうか。そして今も第一線で活躍し続ける裏にはどんな秘密が隠されているのでしょうか。

今回は、お笑い芸人に人見知りが多い理由を探りながら、私たちにとっての生き方のヒントを見出してみます。人見知りで悩んでいる人にとっては必見の内容です。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサード リンク

意外と多い「人見知り芸人」

人気バラエティ番組で「人見知り」というキーワードがクローズアップされるほど、実はお笑い界の中にも人見知りの人は多いようです。意外に感じるかもしれませんが、若手からベテランまで幅広い年齢層において人見知り芸人は存在し、今もなお第一線で活躍し続けています。

代表的な例では岡村隆史(ナインティナイン)、有吉弘行、若林正恭(オードリー)、バカリズムなどが挙げられます。さらに、お笑いBIG3の一人でもあるタモリも人見知りであるといわれています。

お笑い芸人といえば、テレビやラジオ、ステージで観客を楽しませてくれるエンターテイナー。いわば人前に出ることが仕事です。人見知りにとって他人とのコミュニケーションや人前に出ることは大の苦手であるはずなのに、なぜ彼らは今の仕事を選んだのでしょうか。

スポンサード リンク

芸人に人見知りが多いのはなぜ?

人見知りの人の中には幼少時代に友達が少なく、もともと暗い人間だったという人も少なくありません。お笑い芸人とは職種は違いますがアナウンサーの中にも人見知りの人は存在します。日本を代表するアナウンサーである古舘伊知郎も、もともとは極度の人見知りで幼少の頃は今の姿からは想像できないほどの無口な少年だったといいます。

子供の頃に友達が少なかった人の中にはテレビやラジオが友達で、常にお笑い番組を見て育ってきたという芸人も多いです。そのような環境の中で、いつしか自分もテレビに出て人を楽しませたいと感じるようになるのはある意味自然なことなのかもしれません。また、暗い性格だからこそ何とかして自分を変えたいと思う人も多いはずです。

スポンサード リンク

人見知りだからこそ芸人としての才能が開花した?

人見知りの人は他人とコミュニケーションを取ることが苦手です。自分の思っていることや考えていることを人にうまく伝えられず、常に悩んでいます。しかしそれは、裏を返せば「どうしたら自分の考えていることを効率的に伝えられるか」を常に考えているということにつながります。

人と会話するのが苦手だからこそ、短時間で面白く他人に伝えようとします。そして、自分の考えた話の内容が相手に伝わり、それが笑いに変わったとき、人はこの上ない快感を覚えます。

また、人見知りの人の多くは相手の表情や反応を見て空気を読むことに長けています。お笑い芸人であれば、その日の観客の反応や客層を見て、どんな話題やネタが受けやすいのかを瞬時に判断し、分析できる力につながります。

このように、お笑い芸人という職業は人見知りの人にとって縁遠い存在であると思われがちですが、実は人見知りだからこそお笑い芸人としての才能を開花することができたと考えることもできるのです。

人見知りとしての生き方のヒントを与えてくれる存在

いつも明るい陽気な性格の人はムードメーカーとして大きな存在感を示しますが、それに対して人見知りはどちらかといえば影に隠れた存在になりがちです。学校や職場という狭いコミュニティの中で、それが生きづらいと感じる人も多いはず。

しかし見方を変えれば、普段は口数の少ない人見知りだからこそ、意外性が生まれて笑いに変えやすい個性を持っているともいえます。

空気を読む能力に長けているからこそ、絶妙なタイミングで一言二言挟むことによって笑いを生み出すことができるかもしれません。いわば「省エネ」の笑いともいえます。この最たる例がお笑いBIG3の一人であるタモリという存在ではないでしょうか。

また、人見知りの人は普段から他人の細かい部分を観察するのが得意です。笑いを取ることが難しいと感じる人は、その繊細な気遣いを周囲に向けてみると良いでしょう。悩みや困っていることを抱えている人に対し、あなたがさりげなく手を差し伸べることによって救われる人がいるかもしれません。人に対して口の堅いあなたであれば、「この人に相談してみると楽になるかも」といった安心感を与えられるかもしれません。人見知りだからこそ理解できる人間の機微は、他の人にはない魅力です。

このように、ネガティブなイメージのある人見知りという性格も裏を返せば貴重な存在であり、人の役に立つということが分かります。お笑い芸人の生き方は、人見知りで悩む多くの人のヒントになり得るものといえます。

人見知りだからこそ話す言葉に説得力や意外性が増す

人見知りの人は会議や打ち合わせなどで発言する際、自分の番になると一気に注目されるという経験があるのではないでしょうか。普段はあまり発言しないからこそ、「この人はどんなことを考えているのだろうか」という興味が周囲の人間にあります。

実は人見知りのお笑い芸人にも同じような傾向があります。タモリやバカリズム、有吉弘行などが発言する際には、「どんな発言が飛び出すんだろう」というワクワク感を感じる人も多いはず。そして、彼らから飛び出す言葉にはどれも意外性や説得力があり、それが周囲を驚かせ笑いに変わります。

人見知りを克服した4人の有名人たちの知られざるエピソードとは?

人見知りの人の多くは常に自分が話す言葉を心の中でシミュレーションしている傾向にあります。自分の中で吟味して捻り出した言葉は本人が思っている以上に説得力を増し、周囲の人間に対して新たな発見を与えてくれるのです。

今回ご紹介してきたように、人見知りという性格は無理をして変えようとしなくてもその人の個性として活かすことが可能です。普段は無口で影に隠れたような存在であるからこそ、ここぞという時に発言することによって説得力や意外性が生まれます。

また、無口でコミュニケーションが苦手な印象に感じられる人も、困っている人に対してさり気なく手を差し伸べることができる貴重な存在でもあります。人見知りだからこそ相手はあなたのことを信頼することができ、安心して自分の悩みを相談することができます。

普段私たちを楽しませてくれているお笑い芸人。人見知りの人にとっては生き方のヒントを与えてくれる貴重な存在ともいえます。

スポンサード リンク