成長しない人がしている2つの余計なこと。

成長しない人について話してみよう。

成長しない人ってどんな人じゃろうのう。

今回は、成長しない人が

「しなければならないこと」ではなく、

「しすぎていること」について話すぞい。

ポイントを2つ話すから要チェックじゃぞ。

スポンサード リンク

成長って?

成長しない人がしている2つの余計なこと。

成長ってなんじゃろうなあ。

・頭がよくなる。

・身体がつよくなる。

・性格がよい方向に変わる。

・仕事ができるようになる。

成長したと思える場面というのは、いろいろあると思うんじゃ。

それらに共通することってなんじゃろう。

それは

「より楽しくなる」

「より日常を豊かに感じられるようになる」

っちゅうことなんじゃ。

仕事ができるようになるというのは、仕事に関する情報や人間関係にかんすることを

前よりも細やかにとりいれられるようになることじゃし、

性格が変化するというのも、
自分について、前よりも広くみられるようになったということじゃ。

それは前よりも豊かに感じられるようになったということなんじゃよ。

じゃから、

今回は、『成長』=『より豊かに感じられるようになること』と考えて、

ハナシを進めるぞい。

スポンサード リンク

同じ状態を保とうとする

成長しない人というのはどういう人じゃろう。

かんたんに言うとじゃな。

『同じ状態でいようと努力している人」が成長しない人なんじゃ。

一生懸命に【同じ状態】をまもろうとしていると、

まわりの状況は変わっているし、

自分も年齢をとったりして変化しているにもかかわらず、

・考え方

・情報のとりいれかた

・人との関係

が変化しないので、

『より豊かに感じられるようになる』ことがむずかしいのじゃ。

それに、周りからみても、『成長しない人』と思われやすくなってしまうんじゃ。

ここから【成長しない人がしている2つのこと】についてハナシをするぞい!

スポンサード リンク

成長しない人がしている2つのこと

成長しない人がしていることは2つじゃ!

①自分の意見を守る。

②同じ種類の人やものをえらびつづける。

それぞれについてくわしく話をしようかの。

①自分の意見を守る

「成長しない人」というのは、自分の意見をかたくなに守ろうとすることが多いんじゃ。

たとえば、

「この日までに写真送ってね。」

と頼んだとしよう。

でも、期日になっても写真がやってこない。

「写真送ってねー」とこちらからメールを送る。

「ちょっと熱で寝込んでました」

とメールがくる。

「写真ぐらい送れるじゃん!頼むよ仕事なんだから。」

と、まあ仕方ないかと思いながらもメールする。

「ちょっと今親戚の家にいてWIFIがないんっすよ。それで明日の朝送ります。」

と返信がくる。

謝ったり、意見を取り入れる姿勢を見せず、【自分は悪くない】という意見をまもりつづけてしまうんじゃ。

右脳の障害

自分の意見の【正しさ】をまもろうとするのは、左脳の働きなんじゃ。

【右脳くん】が、人の意見をとりいれたり、違う意見を聞いて自分の意見を変えるようなことをしているんじゃ。

じゃから、右脳のある部分に障害をもった人は、

自分の意見が間違っていることを決して認めないんじゃな。

【右脳が損傷して左手が麻痺になった患者】がいる。

その人は、自分の左手が動かないことを絶対に認めない。

「両手で皿をもってください」

と言うと、

当然じゃが、その人は右手だけで皿をもつ。

右手だけで皿をもっているその人に

「両手で持ってください。」

と言うと、その人は

「両手で持ってるじゃないですか!」

と返答するんじゃ。

右脳のある部分が損傷しているから、自分の左手が動かないことをみとめられないんじゃ。

ふっと意見からはなれる

かなり遠回りになったのじゃが、自分の意見をまもる人は、変化しない。

人からもらった意見や、まわりからの情報をなかなか取り入れられないからじゃ。

わしもそういう状況になることがあるんじゃが、

「ああいけないいけない。」と思い、

左手が麻痺した患者さんのことを思いだすようにしている。

「いまのわしの状況は左手が動かないのに【動いてるじゃないか!】と主張しているのとおなじだよなあ」と。

②同じ種類の人やものをえらびつづける

同じものばかり選びつづけることも、【成長】という視点からみると、成長をはばむ要因じゃ。

じゃからといって、同じものを選びつづけることがいけないわけじゃないので、そこはご注意を。

あくまで【成長】という視点からみた場合のハナシじゃ。

同じものを選びつづけることは、【成長しない人】のとくちょうじゃ。

同じものというのは、

・同じコミュニティ

・同じ人間関係

・同じコンテンツ

・同じジャンル

というようなもんじゃ。

ひとつのコミュニティにべったりいつづける人っておるのう。

そういう人がいる場所というのは、仲がよく、居心地がよい場所かもしれんが、

他の視点からみると、仲良しクラブというのか、新しい風がはいりにくい場所ともいえるんじゃないじゃろか。

そういうところにいつづけると、【成長しない人】になりやすい。

また、

同じジャンルのものばかりみていると、

大きな変化やあたらしい刺激が入り込みにくいので、

【成長しない人】になりやすいんじゃ。

でも、同じコミュニティにいると成長できないと言っているわけではないぞ。

同じ場所にいながら、自分の内側を変化させようとしている人はいるからのう。

じゃが傾向として、【成長しない人】ほど、おなじモノをおなじ状態で選んでしまう。

『より豊かに感じるためのヒント』は自分の世界の外側にあるんじゃ。

成長しない人

成長しない人のとくちょうについてハナシをしてきた。

とにかく、【同じ状態】でいようとすることが、成長しない人の特徴なんじゃ。

外側のものをとりいれようとしていくと、

成長できる人にかわっていけるぞい!

こんだけ話をしてきたくせにという感じなんじゃが、

楽しく生きられていれば、無理に成長せんでもええんじゃよ。