品川庄司の品川さんが闇営業で沈んだ芸人の相方に助け船を

スポンサード リンク



吉本のお笑い芸人が闇営業をしていたとの問題で、謹慎処分となったお笑い芸人が続々と発表されました。

そんな中、コンビでお笑い芸人を組んでいた相方は途方に暮れているようです。
相方が謹慎処分となった若手のお笑い芸人に対し、品川庄司の品川さんが「何か彼らの為にしてなにかしてあげられたら」と助け舟の意思を表しました。

品川庄司の品川さんが闇営業で沈んだ芸人の相方に助け船を

まぁ、自業自得って言ったらそれまでなんだけど、
宮迫とか亮は貯えあるだろうけど、それ以外の芸人が少しかわいそうになってくる。家族の為、食べて行くためのお仕事でたまたま反社会組織に関わってしまったが為に今までの努力が水の泡。
うーん。入江はきっと反社会組織ってわかってたと思う。
悪意はなかったかもしれないけど、罪は重い。

確かに、雨上がり決死隊やロンドンブーツのクラスであれば、一人でもやっていけるでしょう。
一方、テレビでの露出の少ない若手お笑い芸人にとって、今回の事件は死活問題ですからね。

この問題なぁ
吉本がギャラ面やら芸人かかえすぎやらちゃんと対応していたら、
闇営業でた芸人が最初にちゃんとお金もらった事正直話してれば、、
こんな事ならなかっただろうな。
嘘が全てこわしたねぇ

 

相方謹慎中でも実力のある人は新しいキャラをみつけたり作ったりして、
ちゃんと残っていくよね。淳さんやRGは一人でも成立するし、
蛍原さんも今の仕事を維持していけばいいと思う。
もちろん芸人同士が自分のライブに呼ぶのもいいと思うよ。

相手が反社会的な人間だった事が大問題やって言うのは間違いやと思う。

あくまでも本人達は相手の素性を知らなかったと言ってるので新たな証拠でも出てこない限り
吉本は知らなかったとして処分するべきやと思うけどね。

仮にそれも嘘だった場合にどうなるかは宮迫が教えてくれたしね。

だとしたらむしろ社会的な責任を取るべきは芸人ではなく直営業を黙認、容認してきた吉本興業でしょ?

芸人が売れたらいいとこ取りして売れなければ生活は自分でなんとかしろ、
では芸能事務所としての体をなしてないと思いませんか?

これに関しては、とあるお笑い番組で暴露されていましたね。
ブラックマヨネーズとサンドイッチマンのトークで、ギャラに関するトークがなされました。

吉本に所属するブラックマヨネーズの取り分は、吉本が9、残りの1をコンビでわけます。
つまり、一人当たり0.5となりますす。

しかしサンドウィッチマンの場合、事務所の取り分は4であり、残りの6を2人で配分するという仕組みでした。吉本興業の取り分があまりにも大きいと、憤慨と羨望まじりに語られていました。

吉本興業には現在大御所と呼ばれる大ベテラン芸人さんも多いけど、
かつての漫才ブーム時代にはそちら側の興行主も少なくなかったと思う。
その方達との関係を綺麗に切ってる人ばかりなんだろうか?
そういう濃い膿は放置して、金がなく食べるために闇営業に走った若い子ばかりを責めるのはどうかと思うな。
決して若い芸人が闇営業で危険な勢力との交際を持っていいとは言わないけどね。

まとめ

今回の品川さんは後輩をなんとかしてやりたいと、芸人の男気を見せてくれました。

しかし、品川さんといえば、ずる賢くて計算高い芸人だと、ヒップホップのDISイベントでいじられていましたね。
今回も品川さんなりの計算はあると思いますが、いずれにせよ、先輩が後輩を助けるという動きは活発になってほしいですね。

 

スポンサード リンク