『のび太』が勉強できないのには理由があった!?部屋の間取りで集中力が変わる?

そこのアナタ!

自分の部屋を思い出してみて下さい。

 

…ベッドがあって、机があって、窓があって…

もしかして、机を壁に向けてくっつけていませんか?

もしそうなら、部屋で集中して勉強ができていないのではないですか?

学生のみなさん、自分の部屋で勉強していても

なかなかはかどらなかったり、

「落着いて勉強ができない!」

という悩みを持っていませんか?

もしそうだとしたら、部屋の間取りに問題があるのかもしれませんよ!?

スポンサード リンク

窓の位置を気にしよう!

勉強机が窓に向かって置いていませんか?

窓に向かって机があると、開放感があるようで

良いように思いますが、

実は…気が散ってしまい、勉強にも集中できないという調査結果があるんです!

 

思い出してみて下さい。

あの『ドラえもん』の落ちこぼれ“のび太”君の部屋を…

のび太君の机は窓に向かって置いてありますね。

『のび太』が勉強できないのには理由があった!?部屋の間取りで集中力が変わる?

窓の位置は意外にも重要なんです!

右利きの人なら机の左側、左利きなら右に

窓が来るようにすると良いんです。

なぜなら『光』が重要だからです。

 

利き手の反対側に窓があれば、手元が明るく

鉛筆を持った手の影も出来にくくなります。

電気スタンドを利用する時も同じように

自分の影が邪魔にならないように設置するようにしましょう!

スポンサード リンク

机の位置を考える!

窓の位置は変えられないので、それに合わせて机の位置も決まってきます。

先ほど書いたように、窓に向けて机を置くのはやめましょう。

 

部屋のレイアウト的には、机は壁にピッタリつけるのがベストのように思いますが

実は、勉強をするのにはベストではないのです!

壁にぴったりとつけてしまうと、目の前に大きな壁がある状態になってしまいます。

 

それが圧迫感を生んで、憂鬱感に繋がる事もあるようです。

 

そしてもう1つのポイントは、入り口との関係です。

急に親が入ってきてビックリした事ないですか?

ドアに背を向けるように配置してしまうと、

どうしても心理的には入り口が気になってしまう物です。

という事は、勉強に集中しきれない原因になっているんです。

逆に入り口が見えるように配置すると、人の出入りが確認できて、

心理的に安心感に繋がり、結果集中できるという事です!

 

スポンサード リンク

すぐに休憩、すぐに勉強!

「ちょっと休憩…」のつもりが、ダラダラと…

気がつけば、全然勉強してない!

なんて事ありませんでしたか?

 

すぐに勉強を再開するつもりでも、意外と誘惑は多いもの。

一度席を立ってしまうと、机に戻るのには時間がかかってしまうのです。

 

そこで、席を立たなくても休憩が出来るように

肘掛けが付いているイスを選ぶのが良いのです!

座ったまま、その場所を離れないで休憩できるので

またすぐに再開する事が出来るのです。

 

他にも、色を上手く使う事で集中力を高めたり

気持ちを落ち着けてくれたりと、

部屋作りで勉強に集中できる事が出来るようです。

 

この春、新しい事にチャレンジする前に

一度、自分の部屋の間取りをチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

もしかして、のび太君みたいな部屋になっていませんか?

スポンサード リンク