【鍛え方】運動と食生活の改善が社会人にとって必要な理由!

社会人には、役立つスキルも必要ですが、

それを支える健康的な身体も重要です。

 

突然的な欠勤や遅刻、早退はが多い人というのは

安定性に欠けるため、仕事を任せられません。

 

例えば、流行り病で周りが休む中、元気に出勤してバリバリ仕事する人は

上司から見ると急な仕事や重要な仕事を任せやすいのです。

 

今回は健康的な身体を手に入れるために、

取り組んで欲しいことをご紹介します。

スポンサード リンク

筋肉をつけ、基礎代謝をあげる!

「初っぱなから筋トレかよ!」と思われるかも知れませんが、

筋トレはダイエットにも、健康的な身体を手に入れるためにも重要です。

 

生活習慣病は体内にまとわりついた脂肪が、臓器の活動を圧迫するため発病します。

なので、生活習慣病を引き起こす原因のほとんどが運動によって解消されます。

 

病気になりやすい身体というのは免疫力も弱いので、よく体調を崩す原因にもなります。

また一説によると、運動を行うことでガンの予防にもなると言われています。

※ただ、よく聞く体温と免疫力の関係は、根拠がないようです。

 

運動でも私がオススメしたいのは、ランニングなどの有酸素トレーニングではなく、

ビルドアップのウエイトトレーニングです。

 

その理由は、筋肉はあるだけで身体のエネルギーを消費し、

筋肉をつければつけるほど、あなたの身体は燃費の悪い身体になるからです。

つまり痩せやすい身体になれるのです。

 

ランニングなどの有酸素トレーニングが好きという訳ではないなら、

ウエイトトレーニングを行って筋肉をつけることをオススメします。

こちらの方が身体の変化が見られて、続けやすく痩せやすいと個人的には思います。

 

 

スポンサード リンク

運動を習慣的に行う!

運動する趣味を見つけられると一番ですが、なかなか難しいかと思います。

だからと言って、家で筋トレをしてもほぼほぼ続きません。

 

そういった人におすすめなのが”ジム”に通うことです。

ジムと聞くと辛そうと思うかもしれませんが、周りに人がいることで、集中して行えます。

また、自分の身体の変化を見るのはなかなか楽しいもので、

それがモチベーションの維持につながります。

 

始めのうちは筋肉痛で苦しみますが、徐々になれ身体も引き締まってきます。

しかも、筋力をつけるとある程度食べてもすぐに消費してしまうため、太りにくくなります。

 

まずは、お近くの市民体育館でジム施設がないか探してみましょう。

料金も安く、周りも初心者が多いので、オススメです。

 

そこで慣れてきたら、民営のジムで会員になりトレーナーに指導してもらいながら、

トレーニングを行うとさらに筋力も上がり良いでしょう。

民営のジムの方が1人1人にトレーナーがつくので習慣化させやすいのです。

 

ちなみに運動をすると精神的に前向きになります。

この言葉は私ははじめは信じていませんでしたが、本当に精神的に前向きになりました。

恐らく、筋力をつけると体力的に疲れにくい身体になるので、

何にでも挑戦できる余裕ができるのではないでしょうか。

 

 

スポンサード リンク

食生活を改善する!

私は暴飲暴食をし過ぎたせいで、一時期かなり太ってしまいました。

健康診断での結果もかなりヤバく、肝臓が若干、脂肪肝だと言われいました。

 

そこで食事の量を減らし、その分多めのサラダを食事の最初に食べるようにしました。

食事の量はさほど変わらなかったので満足感があり、続けられました。

 

そんな生活を3ヵ月ほど続け、健康診断の再検査に行ったところ、

結果はすべて”A”でした。

 

一人暮らしだったので、基本的には脂っぽいものが中心でしたが、

サラダを足したことで、健康状態が良くなったのです。

 

本当にちょっとしたことだったのに、習慣的に行うことで驚くほど効果がでました。

 

食事量を一気に減らしたり、まずいダイエット商品を食べたりせずとも、

食生活を変えることで、身体は良くなります。

 

食生活の改善で私がやったこと!

ここで私が実践して効果のあった方法をいくつかご紹介します。

 

1つめは…

上記でご紹介した、“野菜を最初に食べる”ということです。

これははじめに野菜を食べることで血糖値の上昇を抑えられます。

血糖値の上昇が抑えられると糖分が脂肪に代わりにくくなります。

 

 

2つめは…

よく噛むということを意識する”ということです。

よく噛むと満腹感が増え、少ない量でおなかが満たされます。

 

ただ、ここで重要なのが“意識する”ということです。

強制力を持たせてしまうと、食事が嫌になって続きません。

なので意識するだけでよいので、よく噛むようにしましょう。

 

 

3つめは…

ながら食事を行う”ということです。

例えば何か作業をしながらだったり、誰かと話しながらだったりです。

何か他のことをしながら食事をすることで、食事に時間が掛かります。

 

満腹感は糖分が消化・吸収されることで血糖値が上昇し、満腹中枢が刺激され得られます。

糖分が消化され、満腹中枢を刺激されるまである程度時間が掛かるので、

食事の時間を掛けることで少ない量で満腹感が得られるようになります。

 

POINTテレビなどの食事の動きが止まりづらいものは

効果がないので注意してください。

 

 

やっぱり運動と食事が基本!

「社会人は身体が基本」とよく言われるように、

身体が健康でないと、結果は出せません。

 

自分のことでも分からないのが身体です。

運動と食生活の見直しで、健康的な身体を維持してください!

スポンサード リンク